本のページ

SINCE 1991

CHOCOLATEが青山ブックセンター本店の棚をプロデュース! 8月は谷川瑛一さん「見た目で選ぶ 映える本」

CHOCOLATEが青山ブックセンター本店の棚をプロデュース!

CHOCOLATEが青山ブックセンター本店の棚をプロデュース!

コンテンツスタジオ「CHOCOLATE Inc.」(https://chocolate-inc.com)は、青山ブックセンター本店にてCHOCOLATEプランナーが毎月交代でひとつの本棚をプロデュースする企画「CHOCOLATE SELECT」において、 谷川瑛一さんによる「見た目で選ぶ 映える本」を8月1日より開始しました。

 

「 CHOCOLATE SELECT」とは

「CHOCOLATE SELECT」は、CHOCOLATEに所属するプランナーが、毎月交代で青山ブックセンター本店の本棚をプロデュースする特別企画です。

4月は大澤創太さんによる「答えの出せない企画棚」を、5月は島村ビギさんによる「歳を重ねる本棚」を、6月は冨永敬さんによる「右脳本と左脳本」を、7月はカイジエンドさんによる「冷蔵文庫」を企画・実施しています。

 
「CHOCOLATE SELECT」8月:谷川瑛一さん「見た目で選ぶ 映える本」概要

中身を読むだけが、本じゃない。
つい気になってジャケ買いしたくなる本。インテリアとして飾りたくなる本。
物質として持っておきたくなる本。形や質感が変わっていて、触りたくなる本。
今回はデザイナーが独断と偏見で、“見た目”で選んだ「映える本」を用意しました。

 

谷川瑛一さん プロフィール

谷川瑛一さんは、1987年クリスマス生まれ。武蔵野美術大学卒業。

サブカルチャーに強い、オールラウンド型アートディレクター。GR、映像、Web、ゲーム、装丁、空間など、ビジュアル面を中心とした仕事は多岐にわたる。

最近の主なアートディレクションはCHOCOLATが手がける映像やゲームのほかに、Playstation4、Dr.STONE漫画展、マキシマムザホルモン、クリープハイプのデザインなど。

国内外広告賞受賞。2019年、コンテンツ制作の一つとして漫画を執筆中。

★Twitter:https://twitter.com/tanigawaa1

 

青山ブックセンターについて

青山ブックセンターは、書籍、雑誌、文房具の販売の他、イベントや講座、ワークショップなども開かれる書店です。

★URL:http://www.aoyamabc.jp/

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です