本のページ

SINCE 1991

明治大学文学部が高校生・社会人を対象に「第11回読書感想文コンクール」を開催

明治大学文学部が高校生・社会人を対象に「第11回読書感想文コンクール」を開催

明治大学文学部が高校生・社会人を対象に「第11回読書感想文コンクール」を開催

明治大学文学部では、「読書することの歓びと感動を言葉にしてもらおう」という目的で、2009年より高校生ならびに社会人を対象に、読書感想文コンクールを実施しています。

文学、歴史、心理、社会など広い範囲におよぶ日本と世界のすぐれた書物の中から、毎年10冊の本を選りすぐり、その年の課題図書とします。

そのうちのいずれか1冊について、あなたが抱いた率直な読後の感想を、ぜひ言葉にしてみてください。コンクールの応募作品の中から優秀作品100編を選び、永く記念となるような1冊の本を作り、図書カードとともに贈呈されます。

 
【第11回読書感想文コンクール 開催概要】

■応募資格:高校生および社会人

■応募内容:課題図書から1冊を選び、1200字以内で読書感想文を書いてください。応募は未発表の原稿で、1人につき1点にかぎります。

■応募形式
◎応募用紙(表紙)は文学部ホームページよりダウンロードしてください。
◎文はA4サイズの400字詰原稿用紙3枚以内に「縦書き」で記入のうえ、郵送してください。
※応募作品は返却されません。

■締切:2019年8月3日(土) 消印有効

■賞:優秀賞=100名(高校生部門、社会人部門合わせて)
◎賞状および作品集の贈呈、副賞として図書カード3000円分。

■選考結果:10月初旬、受賞者に郵送し、文学部ホームページに発表します。
◎優秀者全員の感想文は、作品集「読むことの歓び」として単行本になります。
◎作品集は受賞者ならびに全国の高等学校および図書館に寄贈されます。
◎作品の著作権については明治大学に帰属することとします。

■課題図書(五十音順/敬称略)
『エクソフォニー-母語の外へ出る旅』(多和田葉子)
『海辺(かいへん)の光景』(安岡章太郎)
『風の又三郎』(宮沢賢治)
『カリギュラ』(アルベール・カミュ)
『聖火』(サマセット・モーム)
『ツバキ文具店』(小川糸)
『増補 八月十五日の神話:終戦記念日のメディア学』(佐藤卓己)
『文章読本さん江』(斎藤美奈子)
『本を読む女』(林真理子)
『芽むしり仔撃ち』(大江健三郎)

■表彰式:2019年11月16日(土)
◎会場:明治大学駿河台キャンパス(受賞者には案内状を送付)

■応募問い合わせ:明治大学文学部読書感想文コンクール選考委員会
◎住所:東京都千代田区神田駿河台1-1
◎TEL:03-3296-4180

★詳細URL:https://www.meiji.ac.jp/bungaku/concours/6t5h7p00000c6mqm.html

 
【関連】
明治大学文学部読書感想文コンクール | 明治大学

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です