本のページ

SINCE 1991

『奥の細道』羽黒山全国俳句大会×角川文化振興財団×旅工房「出羽三山吟行ツアー」開催 夏井いつきさん&夢枕獏さんがスペシャルゲスト

オーダーメイドの旅を提供する「旅工房」は、『奥の細道』羽黒山全国俳句大会、公益財団法人 角川文化振興財団と協力し、山形県鶴岡市にある出羽三山や松尾芭蕉ゆかりの地を訪れる吟行ツアーを特別企画、販売開始しました。

 

夏井いつきさん・夢枕獏さんをスペシャルゲストに迎えた80名限定ツアーを開催

出羽三山は羽黒山、月山、湯殿山の総称で、修験道を中心とした山岳信仰の場として多くの修験者・参拝者を集めています。

本ツアーではスペシャルゲストに夏井いつきさん(俳句集団「いつき組」組長)と夢枕獏さん(作家)を招き、参加者の方たちと共に吟行や「第61回『奥の細道』紀行330年記念 羽黒山全国俳句大会」への参加、お二人の貴重な対談も行うツアーです。

 
<ツアー概要>

山形県鶴岡市の出羽三山にて「第61回『奥の細道』紀行330年記念 羽黒山全国俳句大会」への参加をメインとする1泊2日間のツアー。

2種類のコースをそれぞれ40名限定で用意。『奥の細道』行脚で出羽三山を訪れた際、俳聖芭蕉をもてなしたとも言われる斎館(羽黒山参籠所)へ宿泊します。夕・朝食はミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」にて2つ星に選ばれた精進料理をいただきます。

★ツアーの詳細:https://pro.form-mailer.jp/lp/44906d05168767

 

『奥の細道』羽黒山全国俳句大会について

山形県鶴岡市は『奥の細道』の聖地として多くの俳人たちに愛され、17文字に込められた俳句の世界を未来の子どもたちに残すべく、1959年から毎年大会を開催。今年で61回目を迎えます。

 

角川文化振興財団について

公益財団法人 角川文化振興財団は、1976年、角川書店の創立者・角川源義さんの遺志によって創設。日本文化の振興に寄与する機関として活動。

理事長は角川歴彦さん(株式会社KADOKAWA取締役会長、カドカワ株式会社取締役会長)。

 
【関連】
出羽三山吟行ツアー基本コース申し込みフォーム

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です