本のページ

SINCE 1991

J-WAVEナビゲーター・小川和也さん『未来のためのあたたかい思考法』刊行記念!女優・南沢奈央さんとのトークイベントを開催

小川和也さん(左)と南沢奈央さん(右)

小川和也さん(左)と南沢奈央さん(右)

J-WAVEナビゲーターで起業家・研究者の小川和也さんの新刊『未来のためのあたたかい思考法』(木楽舎)の刊行を記念して、銀座 蔦屋書店にて5月20日(月)に、小川さんと女優・南沢奈央さんとのトークイベントが開催されます。

 

小川和也さんエッセイ集『未来のためのあたたかい思考法』刊行! 南沢奈央さんとのトークイベントも

本書は起業家・研究者であり、フューチャリストの小川和也さんが、人間とテクノロジーの関係性を考察する、『月刊ソトコト』の人気連載から書籍化された、33編のエッセイ集です。

小川さんは、発展していくテクノロジーに囲まれた社会の中で、人間らしい「あたたかさ」が、未来に向かって豊かに生きるためのヒントになると記します。建築家・隈研吾さん、地球科学者・鎌田浩毅さんとの対談も収録されています。

 
本書籍の刊行を記念して、5月20日(月)には銀座 蔦屋書店にてトークイベントを開催。ゲストには、本書の著者であり、J-WAVEで放送中の「未来を創る”鍵”を探る」ラジオ番組『TOPPAN FUTURISM』のナビゲーターの小川和也さんと、女優で同番組アシスタントの南沢奈央さんが出演します。

当イベントでは製作秘話のほか、南沢奈央さんによる本書の朗読を交え、テクノフォビア(科学技術恐怖症)によらず、テクノユートピア(科学技術による理想主義)でもない、人間とテクノロジーの豊かなかかわり方を語ります。

 
★イベント詳細と申込み:https://store.tsite.jp/ginza/event/humanities/6445-1520010426.html

 

出演者プロフィール

■小川和也(おがわ・かずや)さん

慶應義塾大学法学部卒業。起業家、著作家、研究者、ラジオ番組ナビゲーターとして、ばらばらの点をつなげて未来をつくる活動をしている。北海道大学客員教授/J-WAVE『FUTURISM』ナビゲーター/グランドデザイン株式会社 代表取締役社長。

起業家として独創的な事業を生み出し続け、2017年、世界的に権威のあるマーケティングアワード「DMA国際エコー賞」を受賞。

人間とテクノロジーの未来を説いた著書『デジタルは人間を奪うのか』(講談社現代新書)は高等学校現代文教科書をはじめとした多くの教材や入試問題に採用され、テクノロジー教育を担っている。

北海道大学客員教授として人工知能の研究を行い、FMラジオ放送局のJ-WAVEで番組ナビゲーターとして未来を生きる鍵を声で伝えている。実業と学術を往来し、多様な表現方法を駆使しながら、未来のグランドデザインを描いている。

 
■南沢奈央(みなみさわ・なお)さん

1990年生まれ。埼玉県出身。立教大学心理学部卒業。女優。

高校在学中の2006年に芸能活動をスタート。ドラマ&映画『赤い糸』(主演)、大河ドラマ『軍師官兵衛』や連続ドラマ『社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-』に出演するなど、ドラマ・映画・舞台・CMなど幅広く活動。舞台「恐るべき子供たち」(原作ジャン・コクトー/5月18日~6月2日 神奈川芸術劇場)の主演を務める。

NHK Eテレ『サイエンスZERO』では6年間に渡りナビゲーターを務めた。現在はJ-WAVE『TOPPAN FUTURISM』ナビゲーター。

読書家のための本の総合情報サイト「Book Bang」にて「南沢奈央の読書日記」を連載中。特技は韓国語。趣味は読書・落語鑑賞。

 

未来のためのあたたかい思考法
小川和也 (著)

本書における思考法の最大の特徴は、『あたたかさ』を伴うことだ。それは、あなた自身をあたためるための思考法であり、他の誰かをあたためられる。あたたかさは人間特有の感覚であり、人工知能にはあたたかい思考法は持てない。33編の寓話的思考から、「あたたかい思考法」につながるヒントを見つけてもらいたい。「あたたかい思考法」が、あなたにとって望ましい未来へと導くことを願う。SOTOKOTOの人気連載を書籍化!建築家・隈研吾氏、地球科学者・鎌田浩毅氏との対談を収録!

 
【関連】
【トークイベント】 小川和也×南沢奈央 『未来のためのあたたかい思考法』刊行記念イベント 人間は、テクノロジーをどこにつれて行くか | イベント | 銀座 蔦屋書店

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です