本のページ

SINCE 1991

【第39回エネルギーフォーラム賞】最高賞は該当作なし 柏木孝夫さん『超スマートエネルギー社会5.0』と松尾博文さん『「石油」の終わり』が優秀賞

総合エネルギー出版社「エネルギーフォーラム」が、邦人によるエネルギー問題に関する著書を対象とする「第39回エネルギーフォーラム賞」の受賞作を発表しました。

 

第39回エネルギーフォーラム賞が決定!

第39回エネルギーフォーラム賞の受賞作は次の通りです。

 
■エネルギーフォーラム賞
該当作なし

 
■優秀賞

◎柏木孝夫さん
『超スマートエネルギー社会5.0』(エネルギーフォーラム)

◎松尾博文さん
『「石油」の終わり エネルギー大転換』(日本経済新聞出版社)

 
■普及啓発賞
◎江田健二さん
『ブロックチェーン×エネルギービジネス』(エネルギーフォーラム)

◎西村陽さん・巽直樹さん編著
『まるわかり電力デジタル革命キーワード250』(日本電気協会新聞部)

 
選考委員は、橘川武郎さん(東京理科大学大学院教授)、佐和隆光さん(京都大学名誉教授)、田中伸男さん(笹川平和財団会長)、十市勉さん(日本エネルギー経済研究所参与)、山地憲治さん(地球環境産業技術研究機構理事・地球環境産業技術研究所長)。

 

エネルギーフォーラム賞について

エネルギーフォーラム賞は、株式会社エネルギーフォーラムが昭和55年5月、エネルギー論壇の向上に資するため、創立25周年の記念事業として創設。

年間に公開された邦人によるエネルギー問題に関する著書を対象とし、関係各界の有識者によるアンケート推薦を参考に、選考委員会にて各賞を決定します。

 

超スマートエネルギー社会5.0
地方創生と地域活性化を促す「日本版シュタットベルケ」の実現へ!

「石油」の終わり エネルギー大転換
複雑に絡み合う変化を、「現場発」で解説!世界の地政学や経済・産業などの様々な場面で同時進行する変化を、エネルギーの糸でつなぎ合わせた。

世界の51事例から予見する ブロックチェーン×エネルギービジネス
元Google米国本社副社長 兼 日本法人社長 村上 憲郎 氏 推薦!!
「電力ビジネスのデジタル化の全体像は、この本ですべて把握できる! 」

まるわかり電力デジタル革命キーワード250
分散型エネルギー資源の増加や制度改革に加え、目の前に現れつつあるデジタル化技術によって電力・エネルギー産業は大きな変革期を迎えるといわれています。巨大なチャンスとリスクがともなう未来に向け、いま知っておくべきキーワードを集めました。

 
【関連】
エネルギーフォーラム / award

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です