本のページ

SINCE 1991

「週刊文春ミステリーベスト10」2018年版が電子書籍オリジナルで配信 国内編1位は東野圭吾さん『沈黙のパレード』

「週刊文春ミステリーベスト10」2018年版が電子書籍オリジナルで配信 国内編1位は東野圭吾さん『沈黙のパレード』

「週刊文春ミステリーベスト10」2018年版が電子書籍オリジナルで配信 国内編1位は東野圭吾さん『沈黙のパレード』

文藝春秋は、電子書籍オリジナル書籍『文春e-Books 週刊文春ミステリーベスト10 2018』の配信を12月13日より開始しました。

 

国内篇は『沈黙のパレード』、海外篇は『カササギ殺人事件』が1位!

 
『週刊文春』誌上で毎年12月に発表される「ミステリーベスト10」。全国のミステリー通や書店員が、この一年間で最も面白かった「ミステリー小説」に票を投じ、国内・海外のベスト10を決定しています。年末の風物詩とも言えるこの企画のスタートは1977年、今年で42回目の開催となります。

 
なお、本年の1位は、国内篇に東野圭吾さんの『沈黙のパレード』(文藝春秋)が、海外篇にアンソニー・ホロヴィッツさんの『カササギ殺人事件』(創元推理文庫)が選ばれました。東野さんは2009年以来、通算5回目の1位獲得です。

 
『沈黙のパレード』は、人気の「ガリレオ」シリーズの最新長編。シリーズ屈指の超難問が湯川教授に立ちはだかります。

また、『カササギ殺人事件』はアガサ・クリスティを彷彿とさせる英国ミステリー。著者のホロヴィッツさんは、ドラマ『名探偵ポワロ』の脚本家としても知られる人物です。

 
電子版は、『週刊文春』12月13日号掲載の「ミステリーベスト10」の記事をもとに再構成されており、総合ランキングや国内・海外で1位を受賞した作家のインタビュー、ランクイン作品の解説と一押しコメントなどが含まれています。

 

『文春e-Books 週刊文春ミステリーベスト10 2018』の目次

●総合ランキング 国内・海外部門 第1位~20位

●国内部門第1位 著者に聞く 東野圭吾『沈黙のパレード』

●国内部門 作品解説&コメント

●今年の国内ミステリー 千街晶之

●海外部門第1位 著者に聞く アンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件』

●海外部門 作品解説&コメント

●今年の海外ミステリー 池上冬樹

 

週刊文春ミステリーベスト10 2018【文春e-Books】
冬の風物詩、「ミステリーベストテン」を今年も完全電子化!
42回目を迎える今年。
国内部門では、あの大人気シリーズの待ちに待った新作が貫禄の一位奪取。
海外部門ではアガサ・クリスティを彷彿とさせる英国ミステリーが栄冠に輝いた!
全国のミステリー通、書店員が選んだ珠玉の20冊。
年末年始に読みたいミステリー小説がきっと見つかる。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です