本のページ

SINCE 1991

連載35周年記念「島耕作『超』解剖展」開催(東京・有楽町)

(c)弘兼憲史/講談社

(c)弘兼憲史/講談社

有楽町マルイ(東京・有楽町)は12月15日(土)~1月14日(月・祝)の期間、8階 特設展示スペースにて、「島耕作『超』解剖展」を開催します。

 

昭和・平成を駆け抜け、今も輝き続けるサラリーマン漫画の金字塔『島耕作』の世界観を紐解く!

昭和のバブル時代直前の1983年に誕生した「島耕作」が平成、そして次の元号へと35年以上にわたって日本のビジネスパーソンの心を捉え続けたのはなぜなのか?

本展示会では、キャラクターの信念や信条を表した至極の名言集、作品を彩る魅力的な登場人物と島耕作の相関図、島耕作生誕からの歴史と日本・世界の歩みを照らし合わせる年表などから「島耕作」シリーズを解剖し、35年の軌跡を振り返ります。

あわせて、漫画連載の名シーンから厳選した「弘兼憲史直筆サイン入り特製アートパネル」をはじめとする会場限定記念グッズの数々も展示販売されます。

 

「島耕作『超』解剖展」 開催概要

■期間:2018年12月15日(土)~2019年1月14日(月・祝)
※1月1日(火)は休館日のため入場できません

■時間:11:00~21:00
※日・祝は10:30~20:30、入場は閉館の30分前まで

■場所:有楽町マルイ 8階 特別展示スペース

■入場料
◎一般:税込1,000円
◎学生・エポスカード割引・50代割引:税込500円
◎小学生以下・60歳以上:無料
※割引対象の方は公的書類を持参してください
※入場特典として本展示会限定の「島耕作」オリジナルグッズが進呈されます(有料入場の方限り/無くなりしだい終了)

■主催運営:株式会社ダブルエル
■企画:株式会社ダブルエル、株式会社ボア企画室
■企画協力:株式会社三栄書房
■制作協力:株式会社ボア企画室
■商品企画:株式会社エイガアルライツ
■協力:キャラアート株式会社、株式会社講談社モーニング編集部・イブニング編集部

■お買上げ抽選会
期間中、会場内ショップにて税込3,000円以上購入し、エポスカードで精算した方は、1会計につき1回オリジナル景品が当たる抽選会に参加できます。
※12/15~12/31、1/2~1/14で景品内容が変わります

【エポスカード新規入会特典】
期間中、イベントショップにてエポスカードに新規入会した方には、「名場面ポストカード6種セット」をプレゼント。
◎特典は申込み当日に限ります。
◎特典は新規入会の方に限ります。
◎特典は無くなりしだい終了となります。
◎株式会社エポスカードの規定により、入会できない場合があります。

※詳細は、https://doublel.co.jp/news/detail/65.html
または、https://www.0101.co.jp/086/store-info/fair.html?article_id=17251
をご覧ください。

 

島耕作シリーズとは

島耕作シリーズは、漫画家・弘兼憲史さんにより1983年にコミック誌『週刊モーニング』(講談社)にて開始されたサラリーマン漫画の金字塔です。累計5000万部発行。
一介のサラリーマンが如何にして出世していくのか?ビジネスパーソンの心を打ち続ける、出会い、生き様、ロマン、自分らしく働くための智慧が描かれた不朽の名作。

『会長 島耕作』は「モーニング」にて連載中。2018年7月には「島耕作」シリーズスピンオフ作品『部長 風花凛子の恋』が日本テレビ系列にてドラマ化。同年8月に西日本豪雨の支援として「獺祭 島耕作」を限定発売し、11月には「編集長 島耕作」として週刊モーニングの編集長へ就任したことで注目を浴びました。

 

弘兼憲史さん プロフィール

弘兼憲史さん

弘兼憲史さん

弘兼憲史さんは、山口県岩国市出身。漫画家。有限会社ヒロカネプロダクション代表取締役。徳山大学客員教授。

松下電器産業(現・パナソニック)勤務を経て、1974年『ビッグコミック』(小学館)掲載の『風薫る』にてデビュー。代表作は『課長 島耕作』シリーズほか、『人間交差点』『黄昏流星群』など。サラリーマンとしての経歴を生かし、現代社会に生きるさまざまな大人たちの生活や、葛藤をテーマとした作品を描いている。

2018年には、エッセイ『弘兼流「ひとり力」で孤独を楽しむ』を発表。

 

課長 島耕作(1) (モーニングコミックス)
島耕作、34歳。肩書き、課長。出世にあくせくする気もないが、新しい椅子の座り心地はなかなか悪くない。島の所属する宣伝部の情報が、ライバル会社に漏れていた。調査を進めるうち、派閥絡みの社内政略にも発展し、島は渦中の発端にいる自分を知る。そして、事件の一因でもある、島にかかわる魅力と才覚を秘めた女性たち。油断してつきあおうものなら、手痛いしっぺい返しが待ち受ける。島課長もご用心!

 
【関連】
連載35周年記念!『島耕作「超」解剖展』を開催いたします!|最新情報|doubleL,Inc. – Japanese Pop Culture To the whole world.
連載35周年記念「島耕作『超』解剖展」|有楽町マルイ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です