本のページ

SINCE 1991

企画展「竹宮惠子カレイドスコープ -50th Anniversary-」が新潟で開催 竹宮惠子さんトーク&サイン会も

(c) 竹宮惠子

(c) 竹宮惠子

企画展「竹宮惠子カレイドスコープ -50th Anniversary-」が、新潟市マンガ・アニメ情報館にて、2018年11月17日(土)から2019年1月14日(月・祝)まで開催されます。
また、12月15日には竹宮惠子さんのトーク&サイン会も行われます。

 

画業50周年!竹宮惠子さんの50年のあゆみと創作の裏側をたっぷり堪能できる!

『風と木の詩』や『地球〔テラ〕へ・・・』『天馬の血族』などで知られ、少女マンガを革新・リードしてきたマンガ家・竹宮惠子さん。

京都精華大学学長(現在は京都精華大学大学院マンガ研究科全学研究機構国際マンガ研究センター長)など多方面で活躍し、最近では自伝エッセイ『少年の名はジルベール』も話題を呼んでいます。

 
2017年は、竹宮さんが1967年にマンガ雑誌『COM』へ『ここのつの友情』を投稿し、掲載されてから50周年という記念の年でした。

本展では多数の貴重な肉筆原画や、竹宮さん自身が技術開発を手がけた精巧な複製原画「原画’〔ダッシュ〕」などを中心に、画業50年のあゆみや創作の裏側をたっぷりとご覧になれます。

 

「竹宮惠子カレイドスコープ -50th Anniversary-」 開催概要

■会期:2018年11月17日(土) ~2019年1月14日(月・祝)

■会場:新潟市マンガ・アニメ情報館

■開館時間:午前11時~午後7時
※土・日・祝日は午前10時~、入場は閉館の30分前まで
※12月31日(月)は午後5時閉館(最終入場午後4時30分)
※1月1日(火・祝)のみ休館

■観覧料:一般 900円/中高生 700円/小学生 300円

■販売場所:新潟市マンガ・アニメ情報館

■主催:竹宮惠子カレイドスコープ新潟実行委員会(新潟市、BSN新潟放送、新潟市マンガ・アニメ情報館)
■協力:新潮社、北九州市漫画ミュージアム
■特別協力: トランキライザープロダクト

★公式サイト:http://museum.nmam.jp/2018/11/01/takemiya/

 
【入場に関する注意事項】
・土・日・祝日は小中学生無料。
・中高生のお客様は、入館の際に生徒手帳・学生証をご提示下さい。
・有料20名以上の団体は2割引き。
・障がい者手帳、療育手帳をお持ちの方及び一部の介助者は無料(受付で提示してください)。
・常設展も観覧可。

 

特別イベント「竹宮惠子トーク&サイン会」 開催概要

■日時:2018年12月15日(土) 14:00~16:00(予定)

■会場:新潟市マンガ・アニメ情報館

■定員:100名 (※事前申込制、応募多数の場合抽選)

■聞き手:belne(ベルネ)さん
◎マンガ家。長年の竹宮惠子ファン。『COM』掲載の『かぎッ子集団』を読んでファンレターを出す。『私を月まで連れてって!』のダンと、『天馬の血族』のオルスボルトの熱狂的なミーハー。

■応募締切:2018年11月30日(金) 必着
※本イベントは事前申込制となっています。応募方法等詳細は公式サイト(http://museum.nmam.jp/2018/11/01/takemiya/)をご覧ください。

 
【関連】
新潟市マンガ・アニメ情報館 : 竹宮惠子 カレイドスコープ-50th Anniversary-

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です