本のページ

SINCE 1991

伊坂幸太郎さん『AX』英訳版が英国推理作家協会賞(ダガー賞)イアン・フレミング・スチール・ダガー部門の最終候補に

世界的な権威のあるミステリー文学賞の一つ、英国推理作家協会賞(ダガー賞)イアン・フレミング・スチール・ダガー部門(THE IAN FLEMING STEEL DAGGER)の最終候補作に、伊坂幸太郎さん著『AX アックス』(角川文庫)の英訳版『THE MANTIS』(訳:サム・マリッサさん)が決定しました。受賞作品は、7月4日(現地時間)に発表されます。 なお、伊坂さんは、2022年に小説『マリア […]


「六嘘」の著者が描く〈家族の嘘〉をめぐるどんでん返しミステリ! ”伏線の狙撃手”浅倉秋成さん『家族解散まで千キロメートル』が刊行

『教室が、ひとりになるまで』、劇場映画化が決定している『六人の嘘つきな大学生』(略称:「六嘘」)などで知られるミステリ作家・浅倉秋成さんによる書き下ろし長編小説『家族解散まで千キロメートル』がKADOKAWAより刊行されました。   「伏線の狙撃手」として注目を集めるミステリ作家・浅倉秋成さんの新たなる代表作 浅倉秋成さんの作品は、鮮やかな伏線回収が読みどころの一つですが、等身大の悩みを […]


ナイツ塙宣之さんが「舞台の魔力」に迫るノンフィクション『劇場舎人 ずっと売れたい漫才師』が刊行

お笑いコンビ「ナイツ」塙宣之さんによる、漫才の舞台に立つ芸人について綴ったノンフィクション『劇場舎人 ずっと売れたい漫才師』がKADOKAWAより刊行されました。   「20年前、渋々入った漫才協会で人生が変わった 師匠方を時に敬し、時に反面教師にし、僕は〈芸人〉になりました」 2023年6月に漫才協会の7代目会長に就任された塙さんは、数々のバラエティ番組にて漫才協会で出会った師匠方を紹 […]


『あの花が咲く丘で君とまた出会えたら。』汐見夏衛さん小説講座を開催

NHK文化センターでは、デビュー作『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』の作者、汐見夏衛さんの小説講座「はじまりはケータイ小説から」を2月18日(日)に名古屋教室およびオンラインで開催します。シリーズ累計発行部数100万部の“とにかく泣ける”話題の作品についても語ります。   映画「あの花が咲く丘で君とまた出会えたら。」原作者・汐見夏衛さんの特別講座を開催 大ヒット上映中の映画「あの […]


黒柳徹子さん『窓ぎわのトットちゃん』がギネス世界記録™️に認定

講談社が1981年に刊行した黒柳徹子さん著『窓ぎわのトットちゃん』は、2023年12月14日(木)にギネスワールドレコーズから認定証を贈られ、「最も多く発行された単一著者による自叙伝」Most copies published for an autobiographical memoir by a single authorとしてギネス世界記録に認定されました。記録対象部数は2511万3862部( […]


英国でシリーズ18.6万部突破!サラ・ヤーウッド・ラヴェットさん『カラス殺人事件』が刊行

英国でシリーズ18.6万部突破、Amazon高評価3500件の超絶ミステリ、サラ・ヤーウッド・ラヴェットさん著『カラス殺人事件』(訳:法村里絵さん)が角川文庫より刊行されました。   博士の知識なくして、この謎は解けない。奇怪な殺人事件に美人生物学者ネルが挑む、生き物トリビア満載の超絶ミステリ! 本作は、美人生物学者ネル博士を探偵役とし、英国の田舎町の奇怪な殺人事件に挑む、生き物トリビア […]


伊坂幸太郎さん〈殺し屋シリーズ〉『777 トリプルセブン』が刊行

伊坂幸太郎さんの2年ぶりとなる完全書き下ろし長篇小説『777 トリプルセブン』がKADOKAWAよ刊行されました。 ※書名は全角大文字です。   〈殺し屋シリーズ〉最新作! 世界で最も不運な殺し屋――ふたたび! 本書は、『グラスホッパー』『マリアビートル』『AXアックス』と世界観や登場人物を共有する、〈殺し屋シリーズ〉の最新作です。 本作品の主人公は、やることなすことツキに見放されている […]


吉田修一さんが悪と欲望を描き尽くした〈極限の黙示録〉『湖の女たち』が文庫化&福士蒼汰さん、松本まりかさん主演で映画化

新潮社は、2020年に発売された吉田修一さんの『湖の女たち』を文庫化し、新潮文庫より刊行しました。 本作は『週刊新潮』に連載された当時から、介護施設で起きた事件を捜査する刑事と施設で働く女が陥るインモラルな関係、そして事件の背後に見え隠れする現代社会の矛盾を抉り出すスケールの大きさが反響を呼びました。文庫版では画家の諏訪敦さんが解説を寄稿しています。   「お前、頭おかしいわ。ほんで、俺 […]


「小説現代」8・9月合併号はTOKYO FMとのコラボ企画「聴く百物語」特集!人気作家31人による書き下ろしホラー掌編を掲載

月刊小説誌「小説現代」2023年8・9月合併号(7月22日発売/講談社)の特集は、TOKYO FMのラジオ朗読と連動したコラボ企画「聴く百物語」。人気作家31人による書き下ろしホラー掌編が夏の暑さを吹き飛ばします。 さらに今注目のホラーミステリー映画「スイート・マイホーム」の齊藤工監督インタビューに加え、原作者・神津凛子さんの最新作『オイサメサン』を全編公開。また映画「リボルバー・リリー」主演・綾 […]


「銀河鉄道の夜」が挫折せずに読める!宮沢賢治ユーモア童話選『猫と笑いに銀河』が刊行

宮沢賢治のポップカルチャーとしての側面に注目し、ユーモラスな観点から解説した、大角修さん著『猫と笑いに銀河 宮沢賢治ユーモア童話選』がblueprintより刊行されました。   音楽、映画、アート、漫画、小説、舞台…あらゆるポップカルチャーの源流には「賢治」がいる! 誰もが知る童話『銀河鉄道の夜』。思い切って原作に挑戦したものの、100年近く前のもので読みづらいし意味がわかりづらく難解で […]