本のページ

SINCE 1991

北欧ジャーナリスト・森百合子さん『日本で楽しむ わたしの北欧365日』刊行記念トークイベントを開催

北欧ジャーナリスト・森百合子さん初の暮らしのエッセイ集『日本で楽しむ わたしの北欧365日』が3月24日にパイ インターナショナルより刊行されます。これを記念して、二子玉川蔦屋家電で刊行記念トークイベントが3月30日にオンライン&リアル開催されます。   『日本で楽しむ わたしの北欧365日』について 本書は、各メディアで北欧文化について発信し続ける著者の、初の暮らしのエッセイです。日本 […]


加藤シゲアキさんエッセイ『できることならスティードで』が文庫化 「プレゼントキャンペーン」&「あなたの好きなスティードのエッセイはどれか教えてキャンペーン」も開催

「NEWS」加藤シゲアキさんの、広義の旅をテーマにしたエッセイ集『できることならスティードで』の文庫版が朝日文庫より刊行されました。 また帯応募券によるプレゼントキャンペーンに加え、Twitter上での「あなたの好きなスティードのエッセイはどれか教えてキャンペーン」も開催中です。   ベストエッセイにも収録された作品を含む傑作エッセイ集が文庫化 『ピンクとグレー』『チュベローズで待ってる […]


あなたの「旅に出たくなる本」を教えてください! honto×読売新聞「#旅に出たくなる本 ツイートキャンペーン」を開催

ハイブリッド型総合書店「honto」は読売新聞東京本社と連携して、本との出会いや読書のきっかけを作るTwitter企画【#hon読】をスタートしました。 特定のテーマで連想される本をTwitterの#(ハッシュタグ)投稿で募集し、本との出会いや読書のきっかけを提供します。第1回は秋の行楽シーズンに合わせて「旅に出たくなる本」をテーマに開催します。   「旅に出たくなる本 ツイートキャンペ […]


独得の食と文化が面白い!コミックエッセイ『くいしんぼうの南インド生活』が刊行

イースト・プレスは、インドめしコミックエッセイ『くいしんぼうの南インド生活』(漫画:しばざきとしえさん/原作:あーちゃんさん)を刊行しました。   ミールス、ビリヤニ、ドサなど料理の数々に加え、文化や人々、ジャパニーズカフェ経営事情など、情報満載! 南インドのマンガロール在住のあーちゃんと、うめ姉&友人はっちは、ジャパニーズカフェ経営の合間にインド料理を食べまくる日々。 スパイシーで具材 […]


【第7回斎藤茂太賞】佐藤ジョアナ玲子さん『ホームレス女子大生 川を下る inミシシッピ川』が受賞 旅の魅力を伝える優れた書籍を選出した第4回「旅の良書」も発表

一般社団法人「日本旅行作家協会」(会長:下重暁子さん/会員数180人)は、紀行・旅行記、旅に関するエッセイおよびノンフィクション作品の中から優れた著作を表彰する「第7回斎藤茂太賞」の受賞作を発表しました。 また同時に、旅の持つさまざまな魅力を読者に伝えてくれる優れた書籍を選出した第4回「旅の良書」も発表されました。   第7回斎藤茂太賞が決定! 第7回斎藤茂太賞の選考会が6月16日、学士 […]


ノンフィクション本大賞受賞探検家・角幡唯介さん『狩りの思考法』が刊行

『極夜行』でノンフィクション本大賞2018と第45回大佛次郎賞を受賞した探検家・作家の角幡唯介さんによる、狩りと旅についての最新刊『狩りの思考法』が、清水弘文堂書房より10月29日に刊行されました。   いつもと同じ生活が、少しだけ違った景色に見えてくる 「現実は、とても残酷だ。でも現実は、とっても美しい。」   グリーンランドの世界最北の集落シオラパルクから、結氷した海峡を犬 […]


『小説新潮』9月号は小池真理子さん×松尾潔さん対談を掲載 友近さん初めての連載エッセイも

8月20日発売の『小説新潮』9月号では、作家の小池真理子さんと音楽プロデューサーの松尾潔さんの対談が掲載されています。 また、友近さんの連載エッセイ「友近道中」がスタートします。テーマはズバリ、「旅」。   出会いから20年――小池真理子さんと松尾潔さんがそれぞれの作家観、創作論について語り尽くす! 十年越しの大作『神よ憐れみたまえ』を上梓した小池真理子さんと、初の長編小説『永遠の仮眠』 […]


東京23区は「島」だらけ!テレ東P・高橋弘樹さん『都会の異界 東京23区の島に暮らす』が刊行 “銀座まで4分の島暮らし”とは?

テレビ東京で人気番組を仕掛ける敏腕プロデューサー・高橋弘樹さんが「東京23区にある島」の魅力と「島に生きる人々の暮らし」を綴ったエッセイ『都会の異界 東京23区の島に暮らす』が、産業編集センターより刊行されました。   糸井重里さん「ロマンじゃないよ、リアルだよ。」 中央区佃島、品川区勝島、北区中之島、大田区京浜島・平和島・昭和島…… 東京23区には、四方を川や海に囲まれた「島」が10カ […]


アマゾンの先住民族との出会いからはじまる4年にわたる“探求の旅”の記録『これからやってくる素晴らしい世界の話』が刊行

ヒロカズマさん著『これからやってくる素晴らしい世界の話』が、自由国民社より刊行されました。   コロナ禍に必要な「しあわせ」の秘訣とは? 旅先で異文化に触れることで、抱えている問題を解決する糸口が見つかる――このような経験はありませんか?   本書は、4年にわたる「しあわせな生き方・社会のデザインとは何か」を探求するための旅を記録した一冊です。 「お金」の観念がない南米エクアド […]


世界15カ国で翻訳&ハリウッド映画化も進行中『愛の自転車 インドからスウェーデンまで最愛の人を追いかけた真実の物語』刊行

極貧のインド人青年PK(ピーケー)が最愛の人ロッタに会うためにインドからスウェーデンまで自転車で旅した実話で、世界15カ国で翻訳されベストセラーとなり、ハリウッド映画化も進行中の感動のラブストーリー『愛の自転車 インドからスウェーデンまで最愛の人を追いかけた真実の物語』が、徳間書店より刊行されました。   極貧のインド人青年が、愛する人を追って、ひとり自転車でインドからスウェーデンを目指 […]