本のページ

SINCE 1991

10代しか罹らない不治の病と闘い、嘘をつきながらも成長していく少年少女の物語――神戸遥真さん『嘘つきな私たちと、紫の瞳』が刊行

十代しか罹らない不治の病と闘い、嘘をつきながらも成長していく少年少女の感動の物語、神戸遥真さん著『嘘つきな私たちと、紫の瞳』(イラスト:房野さん)がことのは文庫より刊行されました。   発症すればやがて死に至る……そんな病と向き合い、闘うために少年少女は“嘘”をつく――。 左目が紫色になるところから始まり、やがて死に至る……そんな恐ろしい病、《ヴァイオレット・アイ》。 なぜか十代の人間し […]


TikTokで人気爆発!神田澪さん短編小説集『最後は会ってさよならをしよう』直近3カ月で約2万部の大重版!

KADOKAWAは、神田澪さん著『最後は会ってさよならをしよう』の販売好調を受けて、2023年10月からの3カ月で17,500部の重版(8~12刷)を決定しました。   140字の無限の世界――何度も読み返したくなるスーパーショート小説集 2021年1月に刊行された本書は、発売から8カ月で7刷を達成した人気短編小説集。掲載作品「別れ代行サービス」は、2021年3月にドラマ化(読売テレビ) […]


紫式部は何を伝えたかったのか?ヒロインたちの悦びと苦悩から迫る「源氏物語」の読み方『源氏物語 紫式部が描いた18の愛のかたち』が刊行

板野博行さん著『源氏物語 紫式部が描いた18の愛のかたち』が青春出版社より刊行されました。   世界最高の文学で味わう男と女の「愛のかたち」 『源氏物語』は、世界に誇る日本の古典文学作品であると同時に、今読んでも最高に面白い超一流のエンターテインメント作品です。 本書では『源氏物語』に登場する女性のうち主要な18人を紹介。最大のヒロイン「紫の上」だけにとどまらず、個性豊かな女性たちが真実 […]


“猫”がつなぐ人の縁――佐鳥理さん〈大人の青春ストーリー〉『紅茶と猫と魔法のスープ』が刊行

迷い猫を拾ったことで始まる、人と人のつながりを描いたハートフル・ストーリー、佐鳥理さん著『紅茶と猫と魔法のスープ』(装画:わみずさん)がことのは文庫より刊行されました。   保護猫と暮らす紅茶のお仕事経験アリの著者が紡ぐ、キッチンカーを舞台に年の差コンビが贈る、猫×お仕事のハートフル・ストーリー! 本書は、迷い猫を拾ったことで始まる、人と人のつながりを描いたハートフル・ストーリーです。キ […]


水瀬さらさん〈図書館での出会いから始まる青春ストーリー〉『君と過ごした、さよならの季節』が刊行

『君が、僕に教えてくれたこと』などで知られる、〈感動の名手〉水瀬さらさんによる青春物語『君と過ごした、さよならの季節』がことのは文庫より刊行されました。装画はX(Twitter)21.6万フォロワーのフライさんが担当。   居場所を失った少年と雨の日に出会う不思議な少女の、切なくも爽やかな青春物語   【あらすじ】 ――雨の降る日、僕は図書館で不思議な少女と出逢いました。 余命 […]


「日本おいしい小説大賞」受賞作家・古矢永塔子さん〈花の香りの恋物語〉『今日、君と運命の恋に落ちないために』が刊行

2020年に第1回「日本おいしい小説大賞」を受賞した古矢永塔子さんによる花の香りの恋物語『今日、君と運命の恋に落ちないために』(装画:セカイメグルさん)が「ことのは文庫」より刊行されました。   舞台は弘前、絶対に運命を信じる彼×絶対に運命を信じない彼女 二人の恋の行く末は――。 本書は、青森出身の古矢永塔子さんが弘前を舞台に描く、花の香りの恋物語です。   【あらすじ】 好き […]


水瀬さらさん〈ひと夏のタイムスリップ・ストーリー〉『水面の花火と君の嘘』が刊行

『君が、僕に教えてくれたこと』などで知られる、〈感動の名手〉水瀬さらさんによる”ひと夏のタイムスリップ・ストーリー”『水面の花火と君の嘘』がことのは文庫より刊行されました。装画はX(Twitter)21.6万フォロワーのフライさんが担当。   「今年も三人で花火大会行こうよ」それは他愛もない約束だった――。   【あらすじ】 大学1年生の早瀬瑞希は、久しぶりに帰郷する。 温かく […]


恋愛エッセイストyuzukaさん『埋まらないよ、そんな男じゃ。』が刊行 トークイベント&サイン会も開催

恋愛エッセイストyuzukaさんの最新作『埋まらないよ、そんな男じゃ。モノクロな世界は「誰かのための人生」を終わらせることで動きだす。』が逆旅出版より刊行されました。また、8月27日には、本書の発売を記念したトークイベント&サイン会も開催されます。   過去のトラウマ、終わらない同棲生活、若さへの未練――大人になった「女の子達」へ贈る、「正しい終わらせ方」について語る新感覚の恋愛エッセイ […]


40代、双子の父が日常で感じたジェンダー問題を綴る!清田隆之さん(桃山商事)『おしゃべりから始める私たちのジェンダー入門』が刊行

共同通信配信の好評エッセイ「清田隆之の恋バナ生活時評」を大幅に加筆し書籍化した、清田隆之さん著『おしゃべりから始める私たちのジェンダー入門~暮らしとメディアのモヤモヤ「言語化」通信~』が朝日出版社より刊行されました。 恋バナがしづらい雰囲気、仮性包茎に「うっせえわ」、「おかあさんといっしょ」や阿佐ヶ谷姉妹の”男性的でない”笑い、ZRDに朝ドラの弱くて優しい男たち……日常に潜むジェンダーのもやもやを […]


福田萌さん『「中田敦彦の妻」になってわかった、自分らしい生き方』が刊行

福田萌さんが「妻に合わせる気が全くない“ジェット機型走者”」の夫・中田敦彦さんとの激動の人生を語るFRaUwebの人気エッセイ連載が書籍化され、『「中田敦彦の妻」になってわかった、自分らしい生き方』として講談社より刊行されました。   全く妻に合わせる気のない夫の「トリセツ」 なにかと物議を醸す男・中田敦彦の一番近くにいた私が、波乱万丈な家族の10年間を振り返った本です。 ――福田萌さん […]