本のページ

SINCE 1991

マンガ家Belneさんの「トーク&マンガ作品公開講評会inがたふぇす」開催

(c)Belne

(c)Belne

にいがたアニメ・マンガフェスティバル(がたふぇす)が10月20日(土)・21日(日) に開催されるのに合わせ、マンガ家・Belneさんの「トーク&マンガ作品公開講評会inがたふぇす」が開催されます。

大学の講師も務めるBelneさんによるトークでは、普段見る機会のない制作風景を一部公開。さらに、一般の方のマンガ作品を公開で講評します。

 

Belneさん「トーク&マンガ作品公開講評会inがたふぇす」 開催概要

プロデビューを目指す市民のすそ野を広げるため、プロのマンガ家による実演も交えたトーク・マンガ作品公開講評会を、「がたふぇす(にいがたアニメ・マンガフェスティバル)」に合わせ開催します。途中入退場自由・無料。

 
■日時:2018年10月20日(土)
 【第1部】13:00~14:15
 【第2部】14:30~17:00

■会場:新潟市マンガの家(新潟市中央区古町通6番町971-7(新古町版画通) GEO古町通6番町1・2階)

■講師:Belneさん

 
■開催内容

【第1部】トーク&公開制作「マンガ家の仕事って?」
「マンガ家の仕事」「どうしたらマンガ家になれるの」といったテーマを中心に、普段知ることのできないマンガ家の世界について話します。実際にマンガ原稿がどのように作られるのか、解説も交えて実演します。

【第2部】マンガ作品公開講評会「マンガ家Belne先生の講評が受けられる!見られる!」
事前に提出したオリジナルのマンガ作品を公開で講評してもらいます。講評を受けない方でも自由にご覧になれます。
作品は、完成原稿のほか、下書き及びネーム原稿(文字がはっきり読めて大体の絵柄がわかるもの)、コピー、印刷物のいずれも可能です。

※講評を受ける方のみ、10月15日(月)までに、件名を「Belneマンガ作品公開講評会」として、氏名、住所、電話番号、ペンネームを記載し、新潟市文化政策課のメール(bunka@city.niigata.lg.jp)宛に申込み。
※参加決定者は、当日午前10~12時に会場に原稿を提出。応募者多数の場合抽選。原稿の講評を受ける方は、見学者がいるなかでの公開の講評会となります。

★公式サイト:http://www.niigata-animemangafes.com/vol9_manga_belne.html

■主催・問い合わせ先:新潟市文化スポーツ部文化政策課
◎TEL:025-226-2566
◎FAX:025-226-0066
◎Mail:bunka@city.niigata.lg.jp

 

Belneさん プロフィール

(c)Belne

(c)Belne

Belne(天碕莞爾)さんは、東京都目黒区出身。マンガ家。京都精華大学マンガ学部ストーリーマンガ分野講師。にいがたマンガ大賞2次審査員。新潟コミティアコミックワークショップ講師。

代表作に『異端文書』『蒼の男』。『ネムキ+(プラス)』にてショートストーリー『はないろ語り拾遺帖』連載中。

 
【関連】
マンガ家Belneのトーク&マンガ作品公開講評会inがたふぇす | 新潟市がマンガ・アニメ一色に染まる2日間!『がたふぇすVol.9』10/20・21開催
「がたふぇすVol.9」開催 新潟市がマンガ・アニメ一色に染まる2日間! | 本のページ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です