本のページ

SINCE 1991

連続テレビ小説『半分、青い。』スピンオフ漫画が発売 ヒロイン・鈴愛の漫画制作担当者が描く“半分、妄想。”なスピンオフ作品が書籍化

『半分、青っぽい。』(作:なかはら・ももたさん)

『半分、青っぽい。』(作:なかはら・ももたさん)

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』のスピンオフ漫画『半分、青っぽい。』(作:なかはら・ももたさん)が、扶桑社より刊行されました。

 

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』劇中内作品とスピンオフ漫画が一冊に!

NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』で主人公・楡野鈴愛(にれの・すずめ)が描いていた漫画を実際に作画していたのが漫画家のなかはら・ももたさん。

なかはらさんが同作の登場キャラクターたちを題材に“はみだし妄想ストーリー”を描いたスピンオフ漫画『半分、青っぽい。』はWebメディア「cakes」で連載され、話題を呼びました。

 
そのスピンオフ漫画16本に加えて、なかはら・ももたさんによる描き下ろしカラーイラストや、劇中で「楡野スズメ」が描いた漫画作品5本を集めて一冊にまとめたのが本書です。

スズメのデビュー作『一瞬に咲け』や、最後に描いた『いつか君に会える』の他、『ガーベラ』連載時の『一瞬に咲け』第1話のネーム、また秋風先生にダメ出しされた幻の作品『月が屋根に隠れる』も、新たにペン入れして初公開されます。

 
また、ドラマの漫画制作スタッフによる座談会では、俳優たちに漫画指導を担当した川口瑞恵さん、鈴愛の手の吹き替えや漫画に関する小道具制作を担当したNHKアートの白田紗奈江さんとともに、ドラマの舞台裏についてのエピソードが初めて明かされます。

漫画家の方たちへのアンケートには、海野つなみさんやひうらさとるさん他7人の漫画家が、イラストを交えつつ感想コメントを寄せています。

 

本書の構成

●スピンオフ漫画「半分、青っぽい。」
1「撮影現場見学ルポ」 2「萩尾写真館」 3「マーキング」 4「ボデコンVS 彼シャツ」 5「晴さんの野望」 6「ももたは見た!」 7「一瞬のおもかげ」 8「全部、ブッチャー」 9「あの素晴らしい15分をもう一度」 10「3オバのこだわり」 11「秋風先生withツインズ」 12「おはようボーイズ」 13「『追憶のかたつむり2』舞台裏」…etc.

●漫画家先生へのアンケート
ひうらさとる、海野つなみ、上田倫子、栗原まもる、TONO、柘植文、真野匡

●「半分。青い。」劇中漫画制作スタッフ座談会
なかはら・ももた(劇中漫画制作・鈴愛)
川口瑞恵(漫画指導、劇中漫画制作・ボクテ)
白田紗奈江(NHKアート・漫画原稿制作)

●「楡野スズメ」劇中漫画作品集(原案・北川悦吏子)
「一瞬に咲け」ガーベラ大賞新人賞
「一瞬に咲け」連載1回目ネーム(初公開)
「学園祭」(「一瞬に咲け」番外編)
「いつか君に会える」
「月が屋根に隠れる」(初公開)

 

なかはら・ももたさん プロフィール

著者のなかはら・ももたさんは、1991年、19歳で『マスカレード共和国』(集英社『ぶ~け』掲載)でデビュー。

代表作に『どうせ夢オチなんだろ?』『のんdeぽ庵』『人生は朝ドラじゃない』、NHK連続テレビ小説『マッサン』コミカライズ『マッサンCOMIC』(上・下)ほか多数。

NHKの朝ドラ好きが高じて、SNSなどでドラマ絵を勝手に描いていたが、ナニがどうしてか『半分、青い。』ではヒロイン楡野鈴愛の描く漫画制作を担当した。朝ドラ運の強い漫画家。

 

連続テレビ小説「半分、青い。」スピンオフ漫画 「半分、青っぽい。」
「半分、青い。」ヒロイン楡野鈴愛の漫画制作担当者が描く“半分、妄想。”なスピンオフ作品集。「cakes」連載で話題の漫画が一冊に!劇中作品「一瞬に咲け」未公開ネーム、幻の「月が屋根に隠れる」を初公開!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です