本のページ

SINCE 1991

『北斗の拳』1万年先も伝承されるべく第1話48枚を石板化!総重量は約1トン!

(c) ・武論尊・原哲夫NSP 1983 (c) ・原哲夫・武論尊NSP 2001,(c) ・八津弘幸・辻秀輝 2017

(c) ・武論尊・原哲夫NSP 1983 (c) ・原哲夫・武論尊NSP 2001,(c) ・八津弘幸・辻秀輝 2017

株式会社ノース・スターズ・ピクチャーズは、漫画『北斗の拳』の生誕35周年を記念し、『週刊少年ジャンプ』にて物語が幕を開けた9月13日を「北斗の拳の日」として記念日登録しました。

さらに、1万年先も伝承されるべく『北斗の拳』を石版化。第1話48ページを完全収録し、その総重量はおよそ1トンとなりました。そして布袋寅泰さんが『北斗の拳』35周年を記念して書きおろした新曲「202X」の楽譜も石版化し、京王電鉄の協力により、9月14日(金)よりキラリナ京王吉祥寺にて期間限定で展示されます。展示終了後は、北斗の拳「石版」のみ被災地支援のためのチャリティオークションに出品されます。

 

35周年記念!最強記録媒体「石」に刻まれた総重量約1トン、北斗の拳「石版」完成!

「北斗の拳を100年は残る漫画にしたい」と以前インタビューで語っていた原哲夫さん。

この想いを叶えるために、100年先はもちろん1万年後まで『北斗の拳』を“伝承”できる最強の記録媒体である「石」を使用した北斗の拳「石版」を、35周年を記念して制作。

1枚1枚手作業で作られた石版には、ケンシロウの「愛と哀しみ」の物語が始まった記念すべき第1話が48枚に渡り刻まれています。特別なフィルムに印刷した原画を石版にノリで貼り付け、専用の機械で砂を吹きかけながら石を削り、水洗いを経て完成しました。

 

「北斗の拳」コミック版から石版への歩み

1984年『週刊少年ジャンプ』のコミック版が創刊され、完全版、究極版に続き、この度石版が完成。味わいが違うそれぞれのバージョンをお楽しみください。

 

9月14日から期間限定でキラリナ京王吉祥寺にて展示開始

9月14日(金)から9月19日(水)まで、期間限定で北斗の拳「石版」と、布袋寅泰さんが『北斗の拳』35周年を記念して書きおろした新曲「202X」の楽譜石版が、キラリナ京王吉祥寺にて、展示公開されます。

 
■会期:2018年9月14日(金)~9 月19 日(水)

■会場:キラリナ京王吉祥寺 4階キラリナ広場(東京都武蔵野市吉祥寺南町2丁目1番25号)

■主催:ノース・スターズ・ピクチャーズ

■協力:キラリナ京王吉祥寺

 
【期間中のその他イベント】

◆4階キラリナ広場にて「武論尊先生&原先生のサイン入りジャギヘルメット」をはじめとした豪華賞品が当たる「北斗の拳×キラリナコラボイベント」が開催されす。

◆7階啓文堂書店にて「北斗の拳フェア」並びに「北斗の拳グッズ販売」が実施されます。

●営業時間:10:00~21:00 (一部店舗は営業時間が異なります)

★キラリナ京王吉祥寺HP:http://www.kirarinakeiokichijoji.jp

 

もしかしたら北斗の拳「石版」があなたの手に?!9 月末よりヤフーオークションがスタート!

今回制作された北斗の拳「石版」は、被災地支援のためのチャリティーオークションで、ファンの方たちに販売されます。

9月13日の伝承式でのお披露目を経て、キラリナ京王吉祥寺にて展示の後、Yahoo!オークションにて、9月末よりスタート予定です。1ページ(1石)ごとのオークション出品となります。

詳しくは北斗の拳公式HP(http://www.hokuto-no-ken.jp/35th)の情報をご確認ください。

 

北斗の拳について

『北斗の拳』は、『週刊少年ジャンプ」に1983年~1988年まで、原作・武論尊さん、漫画・原哲夫さんにより連載された作品です。

核戦争により文明社会が失われ、暴力が支配する世界となった世紀末を舞台に、北斗神拳の伝承者・ケンシロウが愛と哀しみを背負い救世主として成長していく姿が描かれています。

TVアニメや劇場版、脇役たちをフューチャーした外伝が作られるなど人気は高く、社会現象にまでなった作品。25周年には、ラオウの葬儀「昇魂式」やケンシロウとユリアの「結魂式」を行い話題となりました。

★『北斗の拳』公式サイト:http://www.hokuto-no-ken.jp/35th
★北斗の拳35周年公式Twitter(@haratetsuo_jp):https://twitter.com/haratetsuo_jp

 

著者プロフィール

■武論尊さん(原作者)

1972年『週刊少年ジャンプ』にて漫画原作者としてデビュー。1975年に同誌で連載開始したハードアクション作品『ドーベルマン刑事』(作画:平松伸二さん)で人気を得る。1983年から『北斗の拳』の原作を務め、同作を大ヒットに導く。

「史村翔」のペンネームも持ち、『ファントム無頼』『サンクチュアリ』といった数々の作品をヒットさせている。

 
■原哲夫さん(漫画家)

1982年『週刊少年ジャンプ』月例賞を受賞し、同年『鉄のドンキホーテ』にて連載デビュー。1983年スタートの『北斗の拳』が大反響を呼ぶ。

1990年代には『花の慶次~雲のかなたに~』『影武者徳川家康』といった時代物作品を手がけ、2001年から『蒼天の拳』を9年に渡り『週刊コミックバンチ』で連載した。

現在は『月刊コミックゼノン』にて『いくさの子 ‐織田三郎信長伝‐』を連載中。

★原哲夫さん公式サイト:http://www.haratetsuo.com/

 

株式会社ノース・スターズ・ピクチャーズについて

漫画の出版、漫画家・原作者の著作権管理、アニメ製作などを行い、複合的なコンテンツ事業の拡大を目指す企業。

漫画雑誌『月刊コミックゼノン』、WEB雑誌「WEB コミック ぜにょん」「コミックタタン 」、マンガアプリ「マンガほっと」を出版・配信している。

 
■設立:2004年7月28日

■事業内容:コミック事業、映像化事業、ライセンス事業、絵本事業、飲食事業

★企業サイト:http://www.nsp.tv/

 
【関連】
9月13日が「北斗の拳の日」に認定! 総重量約1トン!1万年先も伝承される北斗の拳「石版」完成! | 北斗の拳 OFFICIAL WEB SITE
35周年 | 北斗の拳 OFFICIAL WEB SITE
原哲夫 【公式】北斗の拳 35周年(@haratetsuo_jp) | Twitter

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です