本のページ

SINCE 1991

「大学対抗 書評バトル」現役大学生による書評プレゼンバトル 審査委員長は島田雅彦さん 鈴木るりかさんトークショーも

「大学対抗 書評バトル」現役大学生による書評プレゼンバトル 審査委員長は島田雅彦さん 鈴木るりかさんトークショーも

「大学対抗 書評バトル」現役大学生による書評プレゼンバトル 審査委員長は島田雅彦さん 鈴木るりかさんトークショーも

小学館は2018年8月12日に、昭和文芸の人気ブランド、P+D BOOKSの創刊3周年を記念して、文学好きの現役大学生たちによる、書評プレゼンバトルを開催します。

 

猛暑に負けない熱い文学イベント! 東大、早慶……大学対抗 書評バトルを開催!

「大学対抗 書評バトル」は、東大、慶応、早稲田、立教、明治学院の5大学の文芸クラブ・サークルの代表者1名が登壇し、昭和文芸作品に対する、熱意溢れる書評プレゼンテーションを行います。

芥川賞選考委員を務める作家・島田雅彦さんを審査委員長に、ゲスト審査員に大ヒット作『さよなら、田中さん』で話題の14歳・中学生作家の鈴木るりかさん、『僕の未来だった君へ』で知られる作家・鳥海嶺さんも加わり、昭和文芸を熱く語る1日となります。

さらに、鈴木るりかさんによる昭和文学への思いを語ったトークショー、鳥海嶺さんによる番外編・書評バトルも行われます。

 
■開催日時:2018年8月12日(日) 14時~

■開催場所:小学館ビル2階 講堂(東京都千代田区)

 
※イベントの詳細および観覧応募は、https://pdmagazine.jp/works/battle-event/ をご覧ください。

 

「P+DBOOKS」について

「P+DBOOKS(ピープラスディーブックス)」は、後世に受け継がれるべき、我が国が誇る名作でありながら、現在入手困難となっている昭和の名作の数々を、B6判のペーパーバック書籍と電子書籍を同時に、同価格で発売・発信するブックレーベルです。

なお、レーベル名の「P+D」は「ペーパーバック&デジタル」を表しています。

 
【関連】
大学対抗! 書評バトル開催! 審査委員長は島田雅彦氏、ゲスト審査員に鈴木るりか氏も! 昭和文芸への熱い思いを語ろう! | P+D MAGAZINE

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です