本のページ

SINCE 1991

田亀源五郎さん『弟の夫』が「アイズナー賞」最優秀アジア作品賞を受賞! 高橋留美子さんは「コミックの殿堂」入り

『弟の夫』英語版Vol.1

『弟の夫』英語版Vol.1

2018年7月19日~22日にアメリカで開催されたコミコン・インターナショナル(サンディエゴ・コミコン)にて、田亀源五郎さんの『弟の夫』英語版Vol.1が、「コミック界のアカデミー賞」と呼ばれるアイズナー賞(The Will Eisner Comic Industry Award)の「最優秀アジア作品賞」(Best U.S. Edition of International Material-Asia:アメリカで出版された海外コミック~アジア部門)を受賞しました。

また、高橋留美子さんが「コミックの殿堂」(The Will Eisner Award Hall of Fame)入りしています。

 

『弟の夫』が最優秀アジア作品賞を受賞!

最優秀アジア作品賞を受賞した、田亀源五郎さんの『弟の夫』は、第19回文化庁メディア芸術祭「マンガ部門」優秀賞、第47回日本漫画家協会賞・優秀賞を受賞、フランスのアングレーム国際漫画祭では最優秀漫画賞にノミネート(オフィシャル・セレクション選出)されています。NHK BSプレミアムにてドラマ化され話題となり、DVDが7月27日に発売されます。

なお、「最優秀アジア作品賞」は過去に、手塚治虫さん、水木しげるさん、辰巳ヨシヒロさん、浦沢直樹さんなどの作品が受賞しています。

 
<著者プロフィール>
田亀源五郎さんは、1964年生まれ。マンガ家、ゲイ・エロティック・アーティスト。
多摩美術大学を卒業後、アートディレクターをしながら、1986年からゲイ雑誌にマンガ、イラスト、小説を発表、1994年から専業作家になる。ゲイマンガ家として単行本多数。英・仏・伊・西語など海外翻訳出版も多数。代表作『銀の華』『君よ知るや南の獄』『外道の家』『ウィルトゥース』など。アーティストとしては日本国外で主に活躍。パリ、ベルリン、ニューヨークなど、海外個展多数。企画展への招聘参加や、アートブックへの作品収録も多数。現在、『月刊アクション』(双葉社)にて最新作となる『僕らの色彩』を連載中。

★田亀源五郎ウェブサイト:http://www.tagame.org/
★『弟の夫』特設ページ:http://www.futabasha.co.jp/introduction/otto/

 

高橋留美子さんが「コミックの殿堂」入り!

『うる星やつら』『めぞん一刻』『らんま1/2』『犬夜叉』『境界のRINNE』などで知られる高橋留美子さんが、今回、長年の功績により、「コミックの殿堂」入りしました。

日本人としては、手塚治虫さん、小池一夫さん、小島剛夕さん、大友克洋さんに続き5人目となります。

 

コミコンとは

1970年、ゴールデン・ステート・コミック・ブック・コンベンションとしてシェル・ドルフを中心に開催されたのが原点で、テクノロジーとポップ・カルチャーのイベントです。

アメリカのサンディエゴでは毎年7月上旬に開催され、海外コミック、アニメ、ゲーム、映画と内容も拡大され、 最大13万人が集まる大イベントに発展しています。(東京コミコン公式HP:http://tokyocomiccon.jp/whatscc.html より引用)

 

『弟の夫』受賞記念キャンペーン

『弟の夫』がアイズナー賞を受賞したことを記念して、電子書籍ストアebookjapanにて、期間限定で特別キャンペーンが実施されます。

■概要:『弟の夫』第1巻を500円(税別)を→92円(税別)に値下げ

■期間:7月25日(水)~8月14日(火)の3週間

★販売ページ:http://www.ebookjapan.jp/ebj/316669/

 

弟の夫 : 1 (アクションコミックス)
ゲイアートの巨匠、田亀源五郎、初の一般誌連載作品。
弥一と夏菜、父娘二人暮らしの家に、マイクと名乗る男がカナダからやって来た。
マイクは、弥一の双子の弟の結婚相手だった。「パパに双子の弟がいたの?」「男同士で結婚って出来るの?」。
幼い夏菜は突如現れたカナダ人の“おじさん”に大興奮。弥一と、“弟の夫”マイクの物語が始まる――。

 
弟の夫 [DVD]
亡くなった弟の結婚相手は、カナダ人で・・・男だった。

LGBTという現代的かつ繊細な題材でありながら、心がほっこり温まる、今までにないホームドラマ。
父と幼い娘、そして弟のパートナーだった男性との風変わりな共同生活を通して、「人と人はどこまで分かり合えるのだろうか」「“家族”とは」といったテーマをさりげなく、でもじんわりと深く、描きます。

★原作は田亀源五郎の漫画『弟の夫』。男女を問わず幅広い読者層から支持され、2015年文化庁メディア芸術祭でマンガ部門優秀賞を受賞した作品。

【原作】田亀源五郎 『弟の夫』(双葉社 月刊アクション)
【脚本】戸田幸宏
【音楽】阿南亮子
【出演】佐藤隆太、把瑠都、中村ゆり、根本真陽、平尾菜々花、小林麻子、小林喜日、黒田大輔、大倉孝二、野間口徹 ほか
【制作統括】出水有三、須崎岳、大谷直哉
【演出】吉田照幸、戸田幸宏

 
【関連】
Eisner Awards Current Info | Comic-Con International: San Diego

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です