本のページ

SINCE 1991

【訃報】文芸評論家の清水信さんが死去 近代文学賞を受賞

文芸評論家の清水信(しみず・しん、本名まこと)さんが2月7日、急性心筋梗塞で死去しました。96歳。
通夜は9日午後7時、葬儀は10日午前10時から三重県鈴鹿市三日市町957の鈴鹿中央斎奉閣で。喪主は娘婿の西口正文さん。

 
清水信さんは、明治大学で教えを受けた小林秀雄さんらの影響を受け、鈴鹿市で中学教師をしながら小説や詩を執筆。1962年には近代文学賞を受賞しています。

なお、近代文学賞は、「評論部門の芥川賞」とも呼ばれた、雑誌『近代文学』を母体として1960年から5年間開催された文学賞です。吉本隆明さんや立原正秋さん、辻邦生さん、中田耕治さんなども受賞しています。

 
明治時代の作家・斎藤緑雨の顕彰活動にも力を注ぎ、文学賞「斎藤緑雨賞」の設立に尽力しました。

また、多くの文芸同人誌の創刊にかかわり、「90歳を超えてからも昭和の文人や作品などの批評を10誌近くに連載」(朝日新聞より)していました。
1949年に仲間4人で創刊した文芸同人誌『北斗』は現在も発行が続いています。

 
著書に『作家と女性たち』『小津安二郎雑考』など。

 
【関連】
文芸評論家の清水信さん死去:朝日新聞デジタル
清水信さん死去、96歳 同人誌の文芸評論家:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)
文芸評論家の清水信さんが死去…96歳 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です