本のページ

SINCE 1991

Amazonランキング大賞2018(上半期) 和書総合1位は『漫画 君たちはどう生きるか』

Amazonランキング大賞2018(上半期) 和書総合1位は『漫画 君たちはどう生きるか』

Amazonランキング大賞2018(上半期) 和書総合1位は『漫画 君たちはどう生きるか』

総合オンラインストアAmazon.co.jpは、「Amazonランキング大賞2018(上半期)」を発表しました。本ランキングは、2017年11月13日~2018年4月30日におけるAmazonでの販売データ等をもとに集計した結果です。

 

和書総合1位は『漫画 君たちはどう生きるか』 文庫版『君たちはどう生きるか』も5位にランクイン

和書総合は、1937年に出版された吉野源三郎さんの名著を羽賀翔一さんのイラストによって漫画化した『漫画 君たちはどう生きるか』が堂々の1位を獲得。同タイトルの文庫版『君たちはどう生きるか』も5位にランクインするなど大ヒットとなりました。

2位は、2017年5月発売の『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット』が昨年12月にテレビで紹介されたことで話題となりロングセラーとなっています。

3位は、欅坂46・長濱ねるさんが地元長崎・五島列島で撮影した1st写真集『ここから』がランクインする結果となりました。

 
【和書総合1位 『漫画 君たちはどう生きるか』 羽賀翔一さん(イラスト)のコメント】

「『君たちはどう生きるか』の漫画化の企画をいただいたとき、僕自身が漫画家としてわりと崖っぷちにおり「自分がどう生きるか」という状況でした。しかも「1年で描き上げてくれ」と言われていたのに、結果的に2年もかかってしまいました。その2年間、葛藤しながらも途中で投げ出してしまいそうな時もありました。でもマガジンハウスの鉄尾さん、現場で編集を担当してもらった柿内さんには非常に辛抱強く待っていただきました。振り返ると、こうして時間をかけさせてもらえたからこそいいものが出来たんだと思っています。本当に自分自身頑張って良かったなと思いますし、こうして沢山の人の手に取っていただいていることが幸せだなとも思います。今作は長く読まれるべき本だと思います。これからも自分のオリジナルの漫画も含め、読み継がれていく作品になって欲しいです。」

 
【和書総合 ランキング】

■1位
『漫画 君たちはどう生きるか』(吉野源三郎、羽賀翔一/マガジンハウス)

■2位
『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット』(佐久間健一/サンマーク出版)

■3位
『長濱ねる1st写真集 ここから』(長濱ねる、細居幸次郎/講談社)

■4位『お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book) 』(佐藤航陽/幻冬舎)

■5位『君たちはどう生きるか (岩波文庫)』(吉野源三郎/岩波書店)

■6位『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)』(河合雅司/講談社)

■7位『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス、古屋博子(翻訳)/日本経済新聞出版社)

■8位『TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)』(TEX加藤/朝日新聞出版)

■9位『オーバーロード13 聖王国の聖騎士 [下]』(丸山くがね、so-bin(イラスト)/KADOKAWA)

■10位『Lily ――日々のカケラ――』(石田ゆり子/文藝春秋)

 
※11位以下やジャンル別ランキングなど詳細は、http://www.amazon.co.jp/awards をご覧ください。

 

「Amazonランキング大賞 2018(上半期)」Amazonによる総評(書籍以外)〔敬称略〕

2018年3月末より一般販売が始まった、クラウドベースの音声サービスAmazon Alexaを搭載したスマートスピーカー、Amazon Echo(アマゾンエコー)シリーズのランキングが今回初登場いたしました。Amazon Echoシリーズからは、お求めやすい価格でスマートスピーカーを楽しめるEcho Dotが1位(ブラック)と3位(ホワイト)にランクイン。また、より良い音で音楽を楽しめる高機能スピーカー付きのEcho(チャコール)が2位にランクインする結果となりました。

Amazon Alexaには、ニュースやラジオを聴いたり、クイズやゲームで遊んだり、レシピやグルメ情報を確認できるなど、日本の企業や個人の開発者がAlexa向けに日本特有のそれぞれのサービスを対応させたスキルが700以上もあります。Alexaスキル総合ランキングの1位は「radiko.jp」が獲得。「アレクサ、ラジコをつけて」と話しかけると、今いるエリアで放送されているラジオ局の番組を聴くことができ、朝の忙しい時間帯によく使われているようです。2位は、ピカチュウとおしゃべりができる「ピカチュウトーク」。「アレクサ、ピカチュウを呼んで」と話しかけるだけで、あなたのもとにピカチュウがやって来ます。3位は全国にある鉄道の駅名を使ってAlexaと対戦ができる『駅しりとり powered by 駅すぱあと』が獲得しました。その他のランキングも「アレクサ、スキルのランキングを教えて」と話しかけると、Alexaが教えてくれます。

Amazon Echoシリーズまたは、Alexa搭載デバイスを通して操作できる、スマートホームデバイスのランキングからは、Alexaに話しかけるだけで、照明のオン・オフや明るさの調整ができるPhilips Hue(ヒュー)ランプが1位を獲得。2位、3位には、Alexaに話しかけるだけで、ご自宅にあるテレビやエアコンなどの赤外線リモコンに対応した家電をコントロールできる、LinkJapanのスマートリモコンがランクインしました。
※Alexaは、Echo端末の頭脳となるクラウドベースの音声サービスです。「アレクサ」と話しかけるだけで、Echoシリーズを始めとした、Alexaを搭載したデバイスの操作が可能です。

Amazon Music Unlimitedからは、ブルーノ・マーズ「Just The Way You Are」、ジャスティン・ビーバー「What Do You Mean?」と洋楽の人気タイトルが1位、2位を獲得しました。邦楽では宇多田ヒカル「道」、欅坂46「風に吹かれても」が上位にランクイン。 また、2018年2月公開の映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックに収録された「The Greatest Show」が8位、「This Is Me」が19位にランクインするなど、集計期間後半に勢いのある追い上げを見せる結果となりました。

Prime Video総合ランキングでは『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4』が1位に輝ききました。Prime Original作品の当シリーズは、配信中の全1~5シーズンと参加した芸人達のインタビューや未公開だった伝説のシーズン0を収録した『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル Documentary of Documental』の6作すべてがTop 20入りし、圧倒的な人気を見せつける結果となりました。また、今期はアニメ、キッズ・ファミリー向け作品の人気が際立ち、2018年1月期放送開始のタイトルから『ポプテピピック』が2位に、映画『SING/シング』の吹替版が3位となりました。

 
【関連】
Amazonランキング大賞2018上半期

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です