本のページ

SINCE 1991

アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』を日本で初映像化 仲間由紀恵さんが主演

二夜連続ドラマスペシャル アガサ・クリスティ そして誰もいなくなった|テレビ朝日

アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』を日本で初映像化 仲間由紀恵さんが主演

アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』を日本で初映像化 仲間由紀恵さんが主演

1939年に刊行され、全世界で累計1億部以上を売り上げているアガサ・クリスティの推理小説『そして誰もいなくなった』が、日本で初めて映像化され、テレビ朝日系で今春、二夜連続ドラマスペシャルとして放送されます。

 
絶海の孤島にあるホテルに招待された10人の客がひとり、またひとりと殺されていき、ついには全員が殺され、後日10体の死体が発見される――という『クローズド・サークルミステリー』の代表的作品として知られる同作は、世界中で何度も舞台や映画・テレビドラマとして上演、上映されています。
また、日本でもたくさんのオマージュ作品が作られてきたものの、原作自体が映像化されたことはありませんでした。

今回のドラマでは、主演を仲間由紀恵さんが、脚本を江戸川乱歩賞作家としても知られる長坂秀佳さんが、監督をテレビ朝日『相棒』シリーズの和泉聖治さんがそれぞれ務めます。

仲間さんは「偉大で有名な作家の作品を日本で初めて映像化されるということで、とても楽しみに撮影に入りました。読めば読むほど怖いお話。登場人物みんなが抱えている問題があり、実はそれが“人間の一番怖いところ”だった、ということがわかっていくラストまで、とても緊張感のある作品」(公式サイトより)とコメントを寄せています。

 
なお、主人公とともに孤島のホテルに招待される客として、渡瀬恒彦さん、津川雅彦さん、余貴美子さん、柳葉敏郎さん、大地真央さん、向井理さん、國村隼さんが出演。孤島のホテルの執事とその妻を橋爪功さんと藤真利子さんが演じます。

 
今作は『そして誰もいなくなった』というタイトル通り、主要登場人物全員が死んでしまう(殺されてしまう)というストーリーのため、「映画『リング0 バースデイ』(2000年)で貞子を演じた際、『ボコボコに殴り殺されて、井戸に捨てられた』経験がある」(公式サイトより)という仲間さんも、テレビドラマでは初めて“殺される”役に挑戦することになります。

【あらすじ】
八丈島沖に浮かぶ孤島・兵隊島。その孤島に立つ『自然の島ホテル』のオーナー・七尾審によって10人の男女が島に呼び寄せられる。
七尾からの招待状を受け取りやってきたのは元水泳選手の白峰涼(仲間由紀恵)、元東京地裁裁判長・磐村兵庫(渡瀬恒彦)、元国会議員・門殿宣明(津川雅彦)、救急センター医師・神波江利香(余貴美子)、元傭兵・ケン石動(柳葉敏郎)、元女優・星空綾子(大地真央)、ミステリー作家・五明卓(向井理)、元刑事の久間部堅吉(國村隼)の8人。島に到着するも、ホテルの執事夫婦・翠川信夫(橋爪功)とつね美(藤真利子)からオーナーの七尾は不在であることを伝えられる。
これから何が起こるのか、自分たちはなぜこの島に招待されたのか―期待と不安に包まれながら用意された夕食をとっていると、突如としてどこかから彼らの過去の罪を暴露する“謎の声”が聞こえてくる。
それぞれの胸の内に去来する過去の出来事…。10人が互いの過去を探り合う中、突然招待客のひとりが目の前で殺害される! そしてそれをきっかけとするように、ひとり、またひとりと招待客が殺されていき…?
絶海の孤島に浮かぶ兵隊島。そこは大きな“密室”だった。果たして犯人は誰なのか? そして10人は何のために集められ、殺されなくてはならなかったのか?
公式サイトより)

 

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が……そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく! 強烈なサスペンスに彩られた最高傑作! 新訳決定版! (解説・赤川次郎/装幀・真鍋博)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です