本のページ

SINCE 1991

【訃報】作家・赤染晶子さんが死去 『乙女の密告』で芥川賞

芥川賞作家の赤染晶子(あかぞめ・あきこ=本名:瀬野晶子)さんが9月18日、急性肺炎のため死去したと、京都新聞が報じています。42歳でした。京都府出身。葬儀・告別式は近親者で済ませています。

 
赤染晶子さんは、1974年生まれ。京都外国語大学外国語学部ドイツ語学科卒業、北海道大学大学院文学研究科ドイツ文学専攻修士課程修了、同博士課程中退。2004年に『初子さん』で文學界新人賞を受賞しデビュー。

外国語大学でドイツ語のスピーチコンテストに向けて、『アンネの日記』のドイツ語のテキストの暗記に懸命に取り組む女子学生たちの日常ををユーモラスに描いた『乙女の密告』で2010年に芥川賞を受賞。

なお、芥川賞受賞時、京都外国語大学は「本学の語学の授業の密度の濃さといい、楽しさ等々、たいへん印象深く思い出に残っているらしく、受賞作は、在学時に経験したドイツ語の授業を実に興味深くデフォルメし、語学を自作の文学作品の中でしっかり息づかせるなど、外国語大学出身者ならではのストーリー展開、ならびに言葉の選び方がなされております。これからも、持ち味のユーモアあふれる文学作品のための創作活動への期待がふくらみます。」とのコメントを発表しています。

他の著書に、『うつつ・うつら』、織田作之助賞の候補作となった『WANTED!!かい人21面相』があります。

 

乙女の密告 (新潮文庫)
第143回(平成22年度上半期) 芥川賞受賞!

ある外国語大学で流れた教授と女学生にまつわる黒い噂。乙女達が騒然とするなか、みか子はスピーチコンテストの課題『アンネの日記』のドイツ語のテキストの暗記に懸命になる。そこには、少女時代に読んだときは気づかなかったアンネの心の叫びが記されていた。やがて噂の真相も明らかとなり……。悲劇の少女アンネ・フランクと現代女性の奇跡の邂逅を描く、感動の芥川賞受賞作。

 
うつつ・うつら
壊されてはならない。大切な言葉を、本当の名前を。彼女の名は「マドモアゼル鶴子」、場末の劇場で受けない漫談を演っている。外から流れこむ映画のセリフが漫才を損ない、九官鳥がくりかえす言葉は意味を失い、芸人たちは壊れていくが、鶴子は…。文學界新人賞受賞作「初子さん」収録。

 
WANTED!!かい人21面相
昭和最大のミステリー、グリコ・森永事件。その指名手配の絵、キツネ目の男が、事件から数年たった今も、わたし達をおびやかす。じゅうたん工場で働く女工たちの文字に託した思いを描く「恋もみじ」。家を出た奥さんになりかわった偽物の綾小路夫人の純情を描く「少女煙草」。破天荒な世界観とユーモアで紡ぐ、表題作ほか二篇。

 
【関連】
赤染晶子さん死去 芥川賞「乙女の密告」、42歳 : 京都新聞
見事!芥川賞受賞の快挙 平成8年度ドイツ語学科卒の赤染さん|新着情報|京都外国語大学・京都外国語短期大学

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です