本のページ

SINCE 1991

「第二十九回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」開催 2,000名の入賞作品を「お~いお茶」のパッケージに掲載

「第二十九回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」開催 2,000名の入賞作品を「お~いお茶」のパッケージに掲載

「第二十九回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」開催 2,000名の入賞作品を「お~いお茶」のパッケージに掲載

伊藤園は、第二十九回伊藤園お~いお茶新俳句大賞の作品募集を、2017年11月3日より開始しました。締切は2018年2月28日(当日消印有効)です。

 

文部科学大臣賞は賞金50万円 2,000名の入賞作品は「お~いお茶」のパッケージに掲載

2,000名様の入賞者には、受賞作品を「お~いお茶」シリーズのパッケージに掲載しプレゼントされるほか、最高位の文部科学大臣賞1名に賞金50万円、各部門の大賞6名に賞金20万円が贈られます。

当コンテストは「お~いお茶」が発売された1989年に約4万句の応募からスタートし、これまでの累計応募総数が3,000万句を超える応募作品数日本一の俳句コンテストです。

応募テーマは自由。感じたことや思ったことを、季語や定型にこだわることなく、五・七・五のリズムにのせてのびのびと表現して良いコンテストです。

部門は、「小学生の部(幼児含む)」「中学生の部」「高校生の部」「一般の部A(40歳未満)」「一般の部B(40歳以上)および 「英語俳句の部」の計6部門です。

審査員には、広く新しい視点での俳句を選出してもらうために、俳句の第一人者に加え、写真、演劇、小説、音楽など様々な分野の方々が選ばれています。俳人の金子兜太さん、女優の吉行和子さん、写真家の浅井愼平さん、日本語学者の金田一秀穂さん、ギタリストの村治佳織さん、作家・クリエイターのいとうせいこうさん、作家の宮部みゆきさんなど、各界の第一人者11名が審査します。

商品パッケージに作品掲載(前回受賞作品)

商品パッケージに作品掲載(前回受賞作品)

 

第二十九回伊藤園お~いお茶新俳句大賞 募集概要

 
●主催:伊藤園新俳句大賞実行委員会

 
●応募部門(6部門)

「小学生の部(幼児含む)」
「中学生の部」
「高校生の部」 
「一般の部A(40歳未満)」
「一般の部B(40歳以上)」
「英語俳句の部」

 
●応募方法

ハガキ、FAX(A4サイズ)、インターネットのいずれかの方法で、日本語、英語を合わせて一人6句まで応募できます。
「応募部門と作品」「郵便番号」「住所」「氏名」「年齢」「電話番号」「Eメールアドレス」「句会・学校名・サークル名(所属している場合のみ)」を明記してご応募ください。

※ハガキの場合は「応募部門と作品」のみを裏面に、その他を表面にご記入ください。

 
●応募宛先

ハガキ:〔102‐8553〕東京都千代田区紀尾井町3‐23 「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」係
FAX :03‐3263‐5668
インターネット:http://www.itoen.co.jp

 
●応募締切
2018年2月28日(水) 当日消印/送信有効

 
●賞(入賞2,000名、入選5,000名 合計7,000名)

入賞:日本語俳句より文部科学大臣賞1名(賞金50万円と副賞)、各部門より大賞1名・計6名(賞金20万円と副賞)、優秀賞44名、審査員賞11名、後援団体賞11名、都道府県賞240名、佳作特別賞1,687名の合計2,000名の作品を「お~いお茶」のパッケージに掲載

入選(佳作):部門問わず5,000名に、入賞入選者7,000名の作品が掲載された作品集『自由語り』を進呈

●審査員(50音順、敬称略)

日本語俳句:浅井愼平(写真家)、安西篤(俳人)、いとうせいこう(作家・クリエイター)、金子兜太(俳人)、金田一秀穂(日本語学者)、黒田杏子(俳人)、宮部みゆき(作家)、村治佳織(ギタリスト)、吉行和子(女優)

英語俳句 :エイドリアン・ピニングトン(日本古典文学研究者)、星野恒彦(俳人)

●発表
伊藤園ホームページなどにて上位入賞作品2,000句を2018年7月7日に発表(予定)。また、応募者には審査結果を7月上旬頃に郵送またはメールにて通知。なお、入賞作品2,000句を2018年秋 より「お~いお茶」のパッケージに順次掲載。

※詳細は、https://itoen-shinhaiku.jp/ をご確認ください。

 
【関連】
第二十九回 伊藤園 お~いお茶新俳句大賞

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です