本のページ

SINCE 1991

「しのばずくんの本の縁日 2017」千駄木のお寺が新刊や古本、ミニコミで埋まります!

「しのばずくんの本の縁日 2017」千駄木のお寺が新刊や古本、ミニコミで埋まります!

「しのばずくんの本の縁日 2017」千駄木のお寺が新刊や古本、ミニコミで埋まります!

「一箱古本市」の不忍ブックストリートによる、本好きも地域の方も楽しめるブックイベント「しのばずくんの本の縁日」が、昨年に続き、今年も開催されます。

 

今年も秋の一日、千駄木のお寺が新刊や古本、ミニコミで埋まります!

今年も児童書、写真集、エッセイ、人文書など個性豊かな出版社が出店するほか、新刊、古本、ミニコミ・リトルプレスが大集合。美味しい食べものや飲みもののキッチンカー、エマーソン北村さんによる投げ銭ライブ、本堂では泉麻人さんをお迎えしてのトークイベントも企画されています。

 
■開催日時 2017年11月3日(金・祝) 10~16時 雨天開催

■会場 養源寺 境内 (東京都文京区千駄木5-38-3)
    ※雨天の際は、本堂地下ホールほかにて開催

 

出版社・新刊書店・古書店一覧およびアクセス

 
【出版社】
亜紀書房・朝日出版社・偕成社・共和国・京阪神エルマガジン社・産業編集センター・G.B.・タバブックス・小さい書房・農文協・パイ インターナショナル・ビーナイス・ビレッジプレス・文溪堂・本の雑誌社・立東舎・リトルモア

【新刊書店】
往来堂書店

【古書店】
喜多の園・古書信天翁・古書OLD SCHOOL・古書鮫の歯・古書ソオダ水・JUNGLE BOOKS・書肆田高・ストアフロント・たけうま書房・ツバメブックス・バンゴブックス・弥生坂 緑の本棚・BOOKS 青いカバ・ひるねこBOOKS・古書&ギャラリー タナカホンヤ・古書ほうろう

【ミニコミ・リトルプレス】
円盤/リクロ舎・しのばずくんのミニコミの市

【そのほか】
ハト商店・カヤバスタンド・まほうのすうぷ屋・シュタンベルク

 

本堂 トークイベント 泉麻人さん「僕の<東京本>のつくりかた」


1985年刊の『東京23区物語』以来、地下鉄、バス、自転車、道、喫茶店、動物、七福神、音楽など、さまざまな視点で東京を掘り下げてきた泉麻人さんが、これらの本がどのようにして生まれたかを語ります。

また、幼い頃からの東京観察の軌跡や、フリーランスとしての仕事観も語ります。

●出演: 泉麻人さん
●聞き手:南陀楼綾繁さん(不忍ブックストリート代表)
●時間:13:30開場/14:00開演
●料金:1,500円
●予約: yoyaku@yanesen.org ※*件名「泉麻人トーク」お名前/人数/当日連絡のとれるお電話番号をお書き添えください。

 
■泉麻人(いずみ・あさと)さんプロフィール
1956年、東京生まれ。『週刊TVガイド』編集部を経て、フリーに。さまざまな雑誌にコラムを執筆しながら、『テレビ探偵団』『冗談画報』などのテレビ番組に出演。著書に『東京23区動物探検』『地下鉄の友』『大東京23区散歩』『東京いい道 しぶい道』など。

 

会場内ライブ:エマーソン北村さん


キーボード奏者として、JAGATARA、MUTE BEAT、そして忌野清志郎&2・3’sなど、さまざまなバンドやアーティストと共に活動してきたエマーソン北村さんが、ジャマイカ音楽をルーツにしたご機嫌な演奏で、縁日の境内を満たします。本を探したり、芝生に寝転んだりしながら、耳を傾けてみてください。

●出演:エマーソン北村さん(キーボード・ソロ)
●時間:10:00~12:30/13:30~16:00
●料金:投げ銭/予約不要

 
【関連】
しのばずくんの本の縁日 2017 | 不忍ブックストリート

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です