本のページ

SINCE 1991

主人公全員、煩悩まみれのミュージシャン!みうらじゅんさん官能ロック小説『永いおあずけ』が刊行 映画化「変態だ」原作を含む5編を収録

みうらじゅんさん著『永いおあずけ』

みうらじゅんさん著『永いおあずけ』

「人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた」みうらじゅんさんの官能ロック小説『永いおあずけ』が新潮社より刊行されました。

主人公は全員、煩悩まみれのミュージシャン。不倫、緊縛、放置、性病、投稿と、「変態」の全部盛りで、業深き中年男性の痴態をこれでもかと描く小説集です。すでに映画化された「変態だ」(監督:安齋肇さん、主演:前野健太さん、2016年公開)の原作を含む5編を収録。

 

「中年の煩悩を描きたい」――みうらじゅんさんの官能ロック小説『永いおあずけ』

 
<あらすじ>

変態と言われれば言われるほど、僕の体は燃え上ってしまう――。売れないロッカーが東北の雪山でのライブに愛人同伴で向かう「変態だ」、南の島で憧れのスターのSMプレイを目撃する「僕のスター」、かつてのバンド仲間の葬儀で熟女の悪戯に翻弄される「永いおあずけ」など5編を収録。

不倫、緊縛、放置、性病、投稿の全部盛りで、煩悩まみれの中年ミュージシャンの痴態を描く。「人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた」みうらじゅんさんの官能ロック小説!

 
【推薦コメント】

◎前野健太さん(シンガーソングライター/俳優、映画「変態だ」主演)
「青春期を終え、煩悩まみれになってしまった中年期に、それでもロックし続けるのだ、変態し続けるのだ、というみうらさんのメッセージにグッときました。」

 

著者からのメッセージ

「「青春のダークサイド」とも言える「中年の煩悩」を描きたいと思って執筆しました。ミュージシャンを主人公にしたのは、華やかな舞台の裏にある〝奈落のステージ〟にこそ煩悩が渦巻いていると考えたからです。エロとホラーとギャグは背中合わせ――その〝三角関係〟を楽しんでもらえれば幸いです。」
――みうらじゅん

 

著者プロフィール

(c)常盤響

(c)常盤響

著者のみうらじゅんさんは、1958(昭和33)年生まれ。京都市出身、京都市育ち。イラストレーターなど。

武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。在学中に漫画家デビュー。1997(平成9)年、造語「マイブーム」が新語・流行語大賞に。2018年、仏教伝道文化賞沼田奨励賞を受賞。2021年『「ない仕事」の作り方』が本屋大賞「発掘部門/超発掘本!」部門を受賞。

著書に『マイ仏教』『マイ遺品セレクション』『人生エロエロ』、『見仏記』シリーズ(いとうせいこうさんとの共著)など多数。

 

永いおあずけ
みうらじゅん (著)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。