本のページ

SINCE 1991

【北海道ゆかりの本大賞】増田俊也さん『北海タイムス物語』と野田サトルさん『ゴールデンカムイ』が受賞

第二回北海道ゆかりの本大賞の結果が発表され、「文芸書部門」は増田俊也さんの『北海タイムス物語』が、「コミック部門」は野田サトルさんの『ゴールデンカムイ』が大賞に選ばれました。

 

「北海道ゆかりの本大賞」とは

北海道ゆかりの本大賞は、物語の舞台等、本の内容が北海道にまつわる内容で、著者が北海道出身または在住など、北海道にゆかりのある本を北海道の書店員自らが選び、店頭アピールをし、北海道発の北海道らしいベストセラー作品の発掘することを目指して創設された賞です。

 

第二回北海道ゆかりの本大賞について

今回は、9月5日に札幌で開催された第四回北海道書店大商談会の来場書店の投票によって選定され、増田俊也さんの『北海タイムス物語』と野田サトルさんの『ゴールデンカムイ』が大賞に選ばれました。

なお、各部門のノミネート作品は以下の各5作品でした。

【文芸書部門】
『物語のおわり』(湊かなえさん/朝日新聞出版)
『手島圭三郎全仕事』(『手島圭三郎全仕事』編集委員会/絵本塾出版)
『凛』(蛭田亜紗子さん/講談社)
『アシタノユキカタ』(小路幸也さん/祥伝社)
『北海タイムス物語』(増田俊也さん/新潮社)

【コミック部門】
『波よ聞いてくれ』(沙村広明さん/講談社)
『ふんばれ、がんばれ、ギランバレー!』(たむらあやこさん/講談社)
『ゴールデンカムイ』(野田サトルさん/集英社)
『はっぴーえんど』(魚戸おさむさん/小学館)
『白暮のクロニクル』(ゆうきまさみさん/小学館)

 

北海タイムス物語
破格の低賃金、驚異の長時間労働、 そして、超個性的な同僚たち……
『七帝柔道記』の続編は、新人新聞記者の奮闘を描く 熱血お仕事小説! 「仕事っていうのはな、恋愛と同じなんだ。
お前が好きだって思えば向こうも好きだって言ってくれる」

平成2年(1990年)。全国紙の採用試験にすべて落ち、北海道の名門紙・北海タイムスに入社した野々村巡洋。縁もゆかりもない土地、地味な仕事、同業他社の6分の1の給料に4倍の就労時間という衝撃の労働環境に打ちのめされるが、そこにはかけがえのない出会いがあった――休刊した実在の新聞社を舞台に、新入社員の成長を描く感動作。

 
ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
『不死身の杉元』日露戦争での鬼神の如き武功から、そう謳われた兵士は、ある目的の為に大金を欲し、かつてゴールドラッシュに沸いた北海道へ足を踏み入れる。そこにはアイヌが隠した莫大な埋蔵金への手掛かりが!? 立ち塞がる圧倒的な大自然と凶悪な死刑囚。そして、アイヌの少女、エゾ狼との出逢い。『黄金を巡る生存競争』開幕ッ!!!!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です