本のページ

SINCE 1991

集英社WebマガジンCobaltが「短編小説新人賞」の作品を募集 三浦しをんさんが審査 原稿用紙25~30枚

集英社WebマガジンCobaltが「第192回 短編小説新人賞」の作品を募集中です。締切は10月10日。選者は、作家の三浦しをんさんと、Webマガジン Cobalt編集部。

「短編小説新人賞」は原稿用紙25~30枚というビギナーにとって挑戦しやすいボリュームとなっていますので、力試しがてら応募してみるのも良いのではないでしょうか?

 

WebマガジンCobalt「短編小説新人賞」 募集概要

 
●応募資格:新人に限ります

●応募内容:日本語で書かれた、自作未発表の作品

●応募原稿:400字詰め原稿用紙25~30枚

●応募方法:郵送応募またはWeb応募

●応募締切:2017年10月10日 ※当日消印有効

●賞:入選20万円、佳作10万円
   ※賞金は発表後二ヶ月以内に支払われます

●発表:2018年2月にWebマガジンCobaltで発表

※詳細は、http://cobalt.shueisha.co.jp/write/newface-award-apply/ をご確認ください。

 

三浦しをんさん プロフィール

審査を務める三浦しをんさんは、東京都出身。2000年に『格闘する者に◯』でデビュー。2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞を受賞。2012年『舟を編む』で本屋大賞を受賞。最新刊は『あの家に暮らす四人の女』(中央公論新社)。

 
【関連】
短編小説新人賞 応募フォーム|集英社Webマガジンコバルト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です