本のページ

SINCE 1991

益田ミリさんの漫画『スナック キズツキ』が原田知世さん主演で連続ドラマ化! 『僕の姉ちゃん』も黒木華さん×杉野遥亮さん出演で実写化

益田ミリさん著『スナック キズツキ』『僕の姉ちゃん』が実写ドラマ化

益田ミリさん著『スナック キズツキ』『僕の姉ちゃん』が実写ドラマ化

益田ミリさんの人気漫画『スナック キズツキ』(マガジンハウス)が原田知世さん主演で連続ドラマ化され、テレビ東京の金曜深夜の「ドラマ24」にて、10月8日(金)より放送されます。

また、女性グラビア週刊誌『anan』人気連載の「僕の姉ちゃん」シリーズも黒木華さん・杉野遥亮さん出演でドラマ化され、Amazon Prime Videoにて9月24日(金)より全話一挙先行配信された後、2022年にテレビ東京にて放送される予定です。

 

『スナック キズツキ』について

2021年1月に刊行された『スナック キズツキ』(現在4刷)は、女性を中心に幅広い年代層から支持されています。

 
都会の路地裏にひっそり佇む、アルコールを置いてないスナックに、今宵もふらり立ち寄る人が。

店の主人・トウコが奏でるギターに誘われ、溜め込んだ気持ちを歌にするコールセンター勤務のナカタさん。
ストリートビューでヘルシンキの街をエア旅行して、北欧風コーヒーでほっと一息つく中年男サトちゃん。
ユーチューブと卓上ミラーボールを使った即興ディスコで踊って歌って青春の輝きをつかの間取り戻す主婦のカホ。

 
各章に登場するそれぞれは、「スナック キズツキ」という舞台で主役となってトウコと時をともにし、やがてすっきりした面持ちで家路につきます。
理不尽に怒られる日もあれば、行き場のないやるせなさにため息を吐く夜もある……小さく傷つきながら、どこかで知らぬ間に誰かを傷つけているかもしれない。傷ついて、傷つけて、生きている人たちが明日を迎える元気を貰える、幻のような場所。それが『スナック キズツキ』です。最後にはトウコ自身のストーリーも少しだけ明らかになります。

 
映像化について、原作者は「『スナック キズツキ』は傷ついた人しかたどり着けない不思議なスナックです。主演のスナックのママ役が原田知世さんと伺ったときは、『あんなことや、こんなことを演じてくださるなんて!』と驚いたと同時に、素敵なドラマになることを確信しました」とコメントを寄せています。

『スナック キズツキ』より

『スナック キズツキ』より

 

「僕の姉ちゃん」シリーズについて

女性グラビア週刊誌『anan』の人気連載「僕の姉ちゃん」は、二人暮らしをする姉と弟の小気味よい会話劇の漫画です。

 
「仕事を終えて帰宅した女性が、その日あったさまざまな出来事を気弱な弟に『強引に』語って聞かせる。アメリカのコメディドラマみたいな漫画を描いてみたいと思っていました」(益田ミリさん)という通り、毎夜、おっとり弟・順平を前にしっかり者の姉・ちはるが繰り広げる含蓄溢れるお喋りには恋と人生の本音が満載です。

 
「僕の姉ちゃん」は黒木華さん×杉野遥亮さん出演で、2021年9月24日(金)にAmazon Prime Videoにて全話一挙先行配信、2022年にテレビ東京で放送予定です。

 
本シリーズは『僕の姉ちゃん』『続・僕の姉ちゃん』『やっぱり、僕の姉ちゃん』『僕の姉ちゃん的生活 明日は明日の甘いもの』の4作で、10月にはシリーズ最新刊『進め!僕の姉ちゃん』も発売が予定されています。

『僕の姉ちゃん』より

『僕の姉ちゃん』より

 

原作者プロフィール

原作者の益田ミリ(ますだ・みり)さんは、大阪府出身。イラストレーター。漫画、エッセイ、小説、絵本原作など、幅広く活躍。

主な著書に、漫画『スナック キズツキ』『僕の姉ちゃん』(マガジンハウス)、『すーちゃん』(幻冬舎)、『今日の人生』(ミシマ社)、『沢村さん家のこんな毎日』(文藝春秋)、『こはる日記』(KADOKAWA)、『マリコ、うまくいくよ』(新潮社)、『お茶の時間』(講談社)他、エッセイ『小さいコトが気になります』(筑摩書房)、『永遠のおでかけ』(毎日新聞出版)、『かわいい見聞録』(集英社)、『おとな小学生』(ポプラ社)など、絵本に『はやくはやくっていわないで』(絵:平澤一平さん/ミシマ社)などがある。

これまでに映像化された作品は「すーちゃん」シリーズ(「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」2012年公開)。現在、『anan』のほか、『週刊文春』(漫画「沢村さん家のこんな毎日」)や「朝日新聞」(エッセイ「オトナになった女子たちへ」)、『小説新潮』(漫画「ツユクサナツコの一生」)などで連載中。『小説新潮』では装画も手がけている。

 

『スナック キズツキ』番組概要 〔敬称略〕

■番組名:ドラマ 24 「スナック キズツキ」

■放送日時:2021年10月8日(金)深夜0時12分スタート

■放送局】 テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ 九州放送
※テレビ大阪の放送日時は調整中

■主演:原田知世

■監督:筧昌也、湯浅弘章
■脚本: 佐藤久美子、今西祐子
■チーフプロデューサー:阿部真士(テレビ東京)
■プロデューサー:濱谷晃一(テレビ東京)、井上竜太、奥村麻美子

■制作:テレビ東京・ホリプロ
■製作著作:「スナック キズツキ」製作委員会

★公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/kizutsuki/

 

『僕の姉ちゃん』番組概要 〔敬称略〕

■番組名:「僕の姉ちゃん」

■配信:Amazon Prime Videoにて2021年9月24日(金)より全話一挙先行配信
■放送:2022年テレビ東京にて放送予定

■主演:黒木華
■出演:杉野遥亮、久保田紗友、若林拓也、平岩紙ほか

■監督・脚本:吉田善子
■脚本:清水匡、高田亮
■プロデューサー:江川智(テレビ東京)、小澤祐治(ギークピクチュアズ)、大塚健二(ギークサイト)

■制作協力:ギークピクチュアズ/ギークサイト
■製作著作:テレビ東京

★公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/bokuane/

 

スナック キズツキ
益田ミリ (著)

くたくたな夜に、ほっと一息。

アルコール以外、
だいたい
あります!

スナック キズツキ
今宵も路地裏で営業中。

傷ついて、傷つけて、生きてる――
7年ぶり描き下ろし漫画

僕の姉ちゃん
益田 ミリ (著)

社会人1年生の弟と、三十路過ぎのベテランOLの姉。ひょんなことから始まったふたり暮らし。素直でおっとりとした弟と、しっかりもので頭の回転の早い姉。性別も性格も違うふたりは、仕事を終え帰宅した部屋で、今夜も会話を始めます。
恋、仕事、人間関係、生活全般……。会話のテーマは、さまざまですが、その内容は姉弟だからこその率直さに満ちており、女性には大いなる共感を、男性には大いなる驚き(?)を与えることうけあいです。特に姉ちゃんが繰り出す、ぶっちゃけトークは一見、意地悪だったり、非論理的な意見のようにみえますが、よーく咀嚼してみると、実はしごくまっとうな“ぶれない視点”に立っており、単なる共感にとどまらない新しい視座を私たちに与えてくれます。
笑いながら共感、繰り返し読むほどに滋味深い……。著者の新境地コミック、是非、ご一読ください!
●著者より
「仕事を終えて帰宅した女性が、その日あったさまざまな出来事を気弱な弟に『強引に』語って聞かせる。アメリカのコメディドラマみたいな漫画を描いてみたいと思っていました」(益田ミリ)

 
【関連】
【ドラマ24】スナック キズツキ | テレビ東京・BSテレ東 7ch(公式)
僕の姉ちゃん | テレビ東京・BSテレ東 7ch(公式)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です