本のページ

SINCE 1991

「クリープハイプ」尾崎世界観さんが文芸誌初となる中篇小説「母影(おもかげ)」を『新潮』に一挙掲載!

「クリープハイプ」尾崎世界観さんが文芸誌初となる中篇小説「母影」を『新潮』に一挙掲載

「クリープハイプ」尾崎世界観さんが文芸誌初となる中篇小説「母影」を『新潮』に一挙掲載

『新潮』12月号(11月7日発売)に、尾崎世界観さんの文芸誌初となる中篇小説「母影(おもかげ)」(原稿用紙150枚)が掲載されます。

 

尾崎世界観さんがコロナ禍で書き上げた渾身の中篇小説「母影(おもかげ)」を一挙掲載!

人気ロックバンド「クリープハイプ」のヴォーカル・ギターとして活躍する、尾崎世界観さん。2016年に書下ろしで発表した半自伝小説『祐介』をはじめとして、気鋭作家としての顔でも知られる尾崎さんによる、文芸誌では初となる中篇小説「母影(おもかげ)」が、『新潮』12月号に一挙掲載されます。

 
コロナ禍でライブ活動の制限を余儀なくされるなか、ひとり小説に向き合い完成させた原稿用紙150枚の渾身作。本人曰く、これまでに書いてきた小説のうち、もっとも長いものになったそうです。

【あらすじ】
主人公は小学校低学年の女の子。母子家庭で育った彼女は、学校に友達がおらず、放課後の時間をもっぱら母親の働くマッサージ店の空きベッドで過ごしている。カーテンの向こうでお客さんを施術して「直してあげる」母親は、昔は女性客の相手もしていたはずなのに、次第に店に来るのがおじさんばかりになってきて……。

 

尾崎世界観さん プロフィール

著者の尾崎世界観(おざき・せかいかん)さんは、1984年、東京生まれ。2001年結成のロックバンド「クリープハイプ」のヴォーカル・ギター。2012年、アルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビュー。

2016年に刊行された初小説『祐介』(文藝春秋)は、「アメトーーク!」で読書芸人大賞のひとつに選ばれるなど、大きな話題となった。

著書に『苦汁100%』『苦汁200%』(ともに文藝春秋)、『泣きたくなるほど嬉しい日々に』(KADOKAWA)。千早茜さんとの共著に『犬も食わない』(新潮社)。対談集に『身のある話と、歯に詰まるワタシ』(朝日新聞出版)。

 

新潮 2020年 12 月号

特集 三島由紀夫 没後五十年/尾崎世界観「母影(おもかげ)」

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です