本のページ

SINCE 1991

福澤徹三さん『侠飯』がオーディオブック化 任侠×グルメの大人気シリーズを人気声優・諏訪部順一さんが朗読

福澤徹三さん『侠飯』がオーディオブック化

福澤徹三さん『侠飯』がオーディオブック化

オーディオブック配信サービス「Audible(オーディブル)」と文藝春秋は、声優の諏訪部順一さんが朗読を担当したオーディオブック版『侠飯』(著:福澤徹三さん)を配信中です。

 

人気声優・諏訪部順一さんが読む、任侠×グルメの大人気シリーズ『侠飯』が配信!

『侠飯』は、テレビドラマ化、マンガ化もされた異色のグルメ小説です。

就活に悩む平凡な大学生・良太は、ある夜ヤクザの抗争に巻きこまれ、その結果、組長の柳刃、そして舎弟の火野が良太の部屋で潜伏生活をはじめることに。強面の柳刃はなぜか料理が得意で絶品料理をふるまいますが、良太は気が気ではない。男三人の奇妙な生活に同級生たちも加わって、物語は驚きの結末を迎えます。

 
朗読する諏訪部順一さんは『テニスの王子様』の跡部景吾役をはじめ、『黒子のバスケ』の青峰大輝役など、人気作品のキャラクターを多く演じているほか、ナレーターや音楽朗読劇など声のお仕事全般で幅広く活動。数多い登場人物を個性豊かに演じて、生き生きと魅力的な朗読に仕上がっています。

 

『侠飯』著者・福澤徹三さん プロフィール&コメント

著者・福澤徹三さん

著者・福澤徹三さん

著者の福澤徹三(ふくざわ・てつぞう)さんは、1962年福岡県生まれ。デザイナー、コピーライター、専門学校講師を経て作家活動に入る。

『すじぼり』で第10回大藪春彦賞を受賞。著書に『東京難民』『Iターン』『白日の鴉』『羊の国のイリヤ』など多数。「侠飯」シリーズは現在6巻まで刊行されている。

 
<コメント>

声優の諏訪部順一さんのオーディオブック版「侠飯」を聴いて驚いた。これは、いわゆる朗読ではない。耳に心地よい語り、登場人物によって千変万化する声、そして絶妙の間。それらがあいまって小説やテレビドラマとは異なる独自の世界を紡ぎだしている。

原作者として「侠飯」を知りつくしているはずのわたしが、まったく新しい物語に触れたような感動をおぼえた。諏訪部さんには、この場を借りて厚く御礼を申しあげる。

 

ナレーター・諏訪部順一さん プロフィール&コメント

ナレーター・諏訪部順一さん

ナレーター・諏訪部順一さん

ナレーターを担当した諏訪部順一(すわべ・じゅんいち)さんは、3月29日東京都生まれ。テレビのナレーション、アニメ・ゲームの声優、映画の吹き替え、ラジオDJ、舞台、朗読など声のお仕事全般で活躍。

2020年秋アニメでは『池袋ウエストゲートパーク』『魔法科高校の劣等生 来訪者編』『呪術廻戦』『魔王城でおやすみ』の4本に出演。

 
<コメント>

読んでいると無性に腹が減ってくる、いわゆる「飯もの」ではありますが、そのアウトロー感漂うタイトルとは裏腹に、仕事とは? 働くことの意味とは? といったビジネス金言的なパワーワードが飛び出してきたりもします。登場人物が男女複数いて、ひとりで「朗読」するのはなかなか大変な小説ではございましたが、気軽にお楽しみいただけるエンタテインメント作品ですので、この機会にぜひ。よろしくお願いします!

 

原作『侠飯』について

福澤徹三さん著『侠飯』(文春文庫)

福澤徹三さん著『侠飯』(文春文庫)

<あらすじ>

就職活動に悩む大学生・若水良太はある日、ヤクザどうしの銃撃戦に巻きこまれ、一人暮らしの6畳ワンルームに組長の柳刃竜一と舎弟の火野が転がり込んでくる。食にこだわる柳刃はキッチンを占領しては料理を作るのだが、これが意外なほどに旨い。

恐怖と美味に混乱する良太。そこに同級生たちも加わって事態は予想外の方向へ!
まったく新しい任侠×グルメの異色料理小説。文庫書き下ろしの大人気シリーズ。

 

Audible(オーディブル)とは

「本を聴ける」サービス:世界最大級の規模を誇るオーディオエンターテイメント・サービスです。

オーディブルは、海外と国内コンテンツを合わせ38か国語、40万タイトル以上の音声が楽しめる、音声コンテンツ制作・配信サービスです。著名な作家の作品をはじめ、ビジネス書から落語、語学など20以上のジャンルで豊富なタイトルから、中にはオーディブルでしか聴くことのできないオリジナルの作品も。

 
■世界9か国で展開中

現在、米・英・独・仏・豪・日・伊・加・印の9か国で展開し、すでに世界で何百万人もの人々が利用。海外では一般的なコンテンツとして広まっています。

 
■スマホアプリはもちろん、Amazon Echo やAlexa搭載デバイスでも利用可能!

Amazon Echoシリーズを始めとしたAlexaが使えるデバイスやPCサイト、スマホアプリから聴くことができます。

 

侠飯 Audible版

グルメ×任侠!!

就職活動中の大学生が暮らす6畳のワンルームに転がり込んできたヤクザは、妙に「食」にウルサイ男だった! 異色グルメ小説。

■小説版

侠飯 (文春文庫)
福澤 徹三 (著)

新宿駅近くでヤクザの抗争勃発! 銃弾飛び交うなか、リクルートスーツ姿で歩いていた岩永は、逃げるベンツにそのまま拉致され、一人暮らしの自分の家に組長・柳刃竜一をかくまうことに。カップラーメンや安酒など貧しい食生活ながら気ままな暮らしを楽しんでいたところに、転がり込んできたヤクザは、妙に“食”に煩い奴だった! むさい男ふたりが狭い6畳間で繰り広げる、任侠グルメ小説。

ご飯の炊き方、みそ汁の作り方の基礎を皮切りに、オイルサーディンを缶詰のままコンロに乗せて煮立てるなつかしの昭和バーテン料理の再現など、独特の切り口で、グルメ雑誌の表街道に出てこない、”日陰のグルメ”を紹介する連作小説。

(主要登場人物)
主人公 若水良太(わかみず・りょうた) 22歳 Fランク大学生。就職活動中、一人暮らしでいい加減な食生活で暮らしているごく一般的な大学生

柳刃竜一(やなぎば・りゅういち)柳刃組組長。 切れ長の目、眼光が鋭い。鼻筋が通った端正な顔だが、頬に深い傷跡がある。歳は30代後半に見える。食にうるさいが、金をかけるグルメではなく、ちょっとしたコツを得意とする。

その他、一癖、ふた癖もあるキャラクターが、作品世界を彩ります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です