本のページ

SINCE 1991

『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛呂彦さん、「第45回ベストドレッサー賞」を受賞

『ジョジョの奇妙な冒険』で知られるマンガ家の荒木飛呂彦さんが11月30日、「第45回ベストドレッサー賞」を受賞し、東京都内で行われた授賞式に出席しました。

作品だけではなく、自身の“若すぎる外見”もファンの間で話題になる荒木飛呂彦さんは、司会から「実は56歳ですよ?」と驚かれ、若さを保つ秘けつを聞かれると「最近その質問ばかりで、マンガの質問あまりないんですよね」と苦笑。「東京都の水道水で毎朝顔洗ってます」とユーモアたっぷりに回答。
スーツ姿を披露した荒木さんは「(マンガ家は)無精ひげで髪ボサボサでインスタントラーメンばかり食べているイメージがあると思うけど……まったくその通りで、今日は特別です」と冗談めかしてコメント。

また、「ジョジョ」の登場人物たちの独特のポーズ「ジョジョ立ち」について、荒木さんは「(普通の人が)できないように描いてるんです。印象的な絵を描こうと思って、普通の人が曲げるより、さらにぐっと(肘などを)曲げるんですよ」と明かし、「それをみんな(ファンが)やってるのでびっくりしています」と語りました。

「ベストドレッサー賞」は、ファッションセンスがあり、ユニークで個性的、ライフスタイルにおしゃれ感の漂う人物に贈られる日本メンズファッション協会により設立された賞で、今年で45回目。菅田将暉さんと松下奈緒さんが芸能部門で選ばれたほか、『ジョジョの奇妙な冒険』で知られるマンガ家の荒木さんが学術・文化部門、別所哲也さんがインターナショナル部門、伊調馨さんがスポーツ部門、東京都知事の小池百合子さんが政治部門、ファミリアの岡崎忠彦社長が経済部門でそれぞれ受賞しました。

【関連】
【動画】「ジョジョ」荒木飛呂彦、実写映画は「期待に応えられるように」 「第45回ベストドレッサー賞」会見 – MAiDiGiTV (マイデジTV)
【動画】「ジョジョ」荒木飛呂彦、御年56歳! 若さの秘けつは「東京の水道水」? 「第45回ベストドレッサー賞」授賞式 – MAiDiGiTV (マイデジTV)
荒木飛呂彦さん、56歳に見えない若さあふれるルックスにどよめき : スポーツ報知
荒木飛呂彦氏「ジョジョ立ち」まねるファンに驚き 「不可能なように描いてるのに」/芸能/デイリースポーツ online
56歳に見えない漫画家・荒木飛呂彦氏、秘けつは波紋?東京の水道水?/芸能/デイリースポーツ online
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です