本のページ

SINCE 1991

御年91歳、少女漫画家・わたなべまさこさんが新連載をスタート コロナ禍で“密”を避けるためアシスタントなしで

(c)わたなべまさこ/双葉社

(c)わたなべまさこ/双葉社

新型コロナウイルスの影響でさまざまなエンターテインメントの制作が滞るなか、少女漫画界の草創期から活躍する巨匠・わたなべまさこさんが新作を描き上げました。

わたなべさんは1952年デビュー、2006年には女性漫画家として初めて旭日小綬章を受勲するなど、まさに少女漫画界の第一人者です。

 
今回、わたなべまさこさんが『JOUR 素敵な主婦たち』7月号(双葉社より発売中)でスタートさせた新連載が『中国怪異譚 朱い紐』。妹の結婚を祝うため、故郷の村へ戻る途中だった男が、とある女の亡霊に出くわすという怪異ストーリーです。

 
この新連載は、昨年、わたなべさんが絵本(『中国怪奇絵巻 妖の絵本』あすなろ書房)を出版した際に、「最近はずっと絵本を描いていたから、久しぶりにマンガが描きたいわ」と発言されたことから実現した企画です。

 
とは言ってもこの数カ月に及ぶコロナ禍、創作活動を続けるのは困難を極めたと想像されますが――、

「御年91歳を迎えられた今でも、先生の創作意欲はまったく衰えることなく、すでにプロットは10本近く出来上がっていらっしゃいます。そのことにも驚いたのですが、今回の原稿は締め切りよりも二週間近く早く、しかもこのコロナ禍で、アシスタントさん達との“密”を避けるため、すべてお一人で描かれたとおっしゃるのですから、これには本当にびっくりしました」(担当編集)

わたなべまさこさん熱筆の『中国怪異譚 朱い紐』を読んで、おうち時間を楽しく過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です