本のページ

SINCE 1991

元ベイビーレイズJAPAN・渡邊璃生さん初小説集『愛の言い換え』刊行記念インタヴュー公開! 渡邊璃生さんが語る“愛とは一体なんなのか?”

元ベイビーレイズJAPAN・渡邊璃生さん初小説集『愛の言い換え』刊行記念インタヴュー公開!

元ベイビーレイズJAPAN・渡邊璃生さん初小説集『愛の言い換え』刊行記念インタヴュー公開!

元「ベイビーレイズJAPAN」の渡邊璃生(わたなべ・りお)さんの初小説集『愛の言い換え』が5月2日、KADOKAWAより刊行されました。

本書の発売を記念して、文芸Webサイト「カドブン」にて、著者・渡邊璃生さんの特別インタビューが公開中です。

なお、「カドブン」では、本書の収録作の中から書き下ろし3篇の試し読みを30日間連続で全文特別公開中です。

 

「わたしの中で“愛とは一体なんなのか?”のヒントになった小説集です」――渡邊璃生さんインタヴューを公開!

★『愛の言い換え』著者:渡邊璃生インタヴュー:https://kadobun.jp/feature/interview/c401sddu060c.html

 
※なお、カドブン公式Instagram(https://www.instagram.com/kadobun_official/)では、渡邊璃生さんによる『愛の言い換え』カウントダウン動画も公開中です。

 

血の匂いに満ちた、壊れ物たちの恋愛奇譚集『愛の言い換え』

渡邊璃生さんが描くのは、血と暴力を内在した壊れ物の世界と、そこで切実に愛を希求し続ける少年少女たち。他の誰にも創ることができない、何にも似ていない、渡邊璃生さんだけの宇宙を体感してください。

 
<あらすじ>

かわいそうだね、つまんない世界――。
アイドル→作家が紡ぐ血と破滅のロマン

ひとつ屋根の下、違う時間の流れを生きるふたりはいつしか愛し合って(「ゆうしくんと先生」)。おそるべき美貌と邪悪な心、崇高な魂を持ったいたみくんの生と死(「規格青年」)。聖書を触媒に邪な恋と欲望が炸裂する(愛の言い換え)。家族だけの奇妙な習慣を守り続ける彼女に恋をして――璃生版「小さな恋のメロディ」!(「蹲踞あ」)など、6篇のありえざる愛の物語。

世界の壊れる音を聴きながら、愛し合おう。

 

著者プロフィール

著者の渡邊璃生(わたなべ・りお)さんは、2000年3月8日神奈川県生まれ。2012年より「ベイビーレイズ」(のちベイビーレイズJAPANとなる)に参加。アイドルの傍ら小説を執筆。

2018年のベイビーレイズJAPAN解散後は小説、作詞、ゲーム実況など多方面に活動の場を広げている。

★りおさんのゲーム倉庫:https://www.youtube.com/c/rio3w

 

愛の言い換え
渡邊 璃生 (著)

 
【関連】
「わたしの中で“愛とは一体なんなのか?” のヒントになった小説集です」『愛の言い換え』著者:渡邊璃生インタヴュー | カドブン

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です