本のページ

SINCE 1991

【公募】WFPチャリティーエッセイコンテスト2017 あなたのエッセイが途上国の給食に 審査員に広瀬すずさんら

国連WFPは、「WFPチャリティーエッセイコンテスト2017」を開催し、2017年7月1日から9月8日まで、小学4年生から大人まで幅広い世代の方々から作品を募集します。

【公募】WFPチャリティーエッセイコンテスト2017 あなたのエッセイが途上国の給食に 審査員に広瀬すずさんら

【公募】WFPチャリティーエッセイコンテスト2017 あなたのエッセイが途上国の給食に 審査員に広瀬すずさんら

 

テーマは、「おなかいっぱい幸せごはん」 特別審査員に広瀬すずさんら

今回のテーマは、「おなかいっぱい幸せごはん」。応募1作品につき、給食4日分(120円)が、寄付協力企業より国連WFPに寄付され、途上国の学校給食支援に役立てられます。

 
本コンテストは2004年から開始し、今年で14年目。我々に欠かせない「食」について考えると共に、日々の食事がままならない途上国の子どもたちにも想いを巡らせてもらえればと毎年実施。昨年は1万4,659通の応募があり、5万8,636人の子どもたちへ給食を届けることができました。

今年は各界で活躍する3人の特別審査員を迎え、幅広い層にアピールします。

 
世界で7億9,500万人、およそ9人に1人が飢えに苦しむ中、国連WFPは途上国の子どもたちに学校給食を提供しています。食事は、通学を可能にし、勉強の意欲を高め、希望への大きな力となっています。

国連WFPは、「皆さんはおなかいっぱい食べることができた時、おなかが満たされるだけでなく、心も満たされたりすることはないでしょうか?家族や仲間と食卓を囲むことで豊かな気持ちが大きく、つらい気持ちが小さくなることもあるはずです。食に関する体験や出来事を、自由につづってください」と、応募を呼び掛けています。

 

WFPチャリティーエッセイコンテスト2017 開催概要

●テーマ:「おなかいっぱい幸せごはん」 ※題名は自由です

●部門:(1) 小学生部門(4・5・6年生) (2) 中学生・高校生部門 (3) 18歳以上部門

●募集期間:2017年7月1日(土)~9月8日(金)〔締切日必着〕

●応募方法:日本語での募集です。エッセイの長さは、本文のみで200字から800字まで(題名、学校名、学年、氏名は原稿用紙欄外に記載)。

●各賞:(1) WFP賞(最優秀作品)1名  (2) 小学生部門賞 1名  (3) 中学生・高校生部門賞 1名  (4) 18歳以上部門賞 1名  (5) 審査員特別賞 各部門1名  (6) 佳作 各部門5名 (7) WFP学校給食賞(応募数上位の学校・団体)

●審査:広瀬すずさん(女優)、竹下景子さん(俳優/国連WFP協会親善大使)、三浦雄一郎さん(プロスキーヤー・冒険家/国連WFP協会親善大使)および審査委員会の審査員が厳正に選考します。

●発表:2017年10月13日(金)に、エッセイコンテスト専用ウェブサイトで発表予定。

●賞品:WFP賞・部門賞・審査員特別賞受賞者には表彰式にて、賞状と賞品を進呈。佳作受賞者には郵送。WFP学校給食賞(応募数上位の学校・団体)受賞校・団体には賞状を郵送。

●主催:認定NPO法人 国連WFP協会

●後援:WFP国連世界食糧計画 日本事務所、外務省、農林水産省、文部科学省、全国都道府県教育委員会連合会、全国連合小学校長会、全日本中学校長会、朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、日本経済新聞社、神奈川新聞社、東京新聞、NHK

●特別協賛:日清食品ホールディングス株式会社、株式会社三菱東京UFJ銀行

●寄付協力:昭和産業株式会社、トヨタ自動車株式会社、日清食品ホールディングス株式会社、三菱商事株式会社

●協賛:株式会社IHI、アルフレッサ ホールディングス株式会社、伊藤忠商事株式会社、伊藤忠食品株式会社、 井村屋グループ株式会社、株式会社えびせんべいの里、株式会社オウケイウェイヴ、カタリナ マーケティング ジャパン株式会社、株式会社カネカ、カネ美食品株式会社、株式会社湖池屋、コクヨ株式会社、株式会社 菜友、シダックス株式会社、株式会社小学館、昭和産業株式会社、 株式会社真誠、宗教法人真如苑、東洋水産株式会社、トヨタ自動車株式会社、株式会社ニチレイフーズ、 日清医療食品株式会社、ニッシントーア・岩尾株式会社、株式会社日本アクセス、日本ハム株式会社、プリマハム株式会社、三菱食品株式会社、有楽製菓株式会社

 
※詳しくは http://www.wfpessay.jp/2017/ をご確認ください。

 

国連WFPとは

国連WFPは、国連機関であるWFP 国連世界食糧計画と、それを支援する認定NPO法人である国連WFP協会という2つの団体の総称です。国連WFP協会は、募金活動、企業・団体との連携を進め、日本における支援の輪を広げています。

 

国連WFPの学校給食プログラム

世界では6,100万人(ユネスコ調べ)の児童が家庭の労働の担い手になるなどして、学校に通うことができません。貧しい家庭にとって、学校給食の存在は子どもを学校に送り続ける強い動機になります。国連WFPは、子どもたちの健全な成長を促し、教育の機会を広げる為、学校給食プログラムを通じて毎年およそ2,000万人の子どもたちに給食を届けています。子ども1人につき、1日およそ30円で給食を届けることができます。

 
【関連】
コンテストについて|WFPチャリティー エッセイコンテスト2017
国連WFP

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です