本のページ

SINCE 1991

“目利き“書店員が埋もれた名作を発掘! 『泥棒猫ヒナコの事件簿 あなたの恋人、強奪します。』

全国で書店を展開する株式会社TSUTAYAは、「TSUTAYAが『本との出会い』を変える。」をコンセプトに、すでに絶版または品切れとなった本を全国TSUTAYAの書店スタッフが中心となり、出版各社とともに新たに復刊に向けプロデュースするプロジェクト「復刊プロデュース文庫」の第7弾として、『あなたの恋人、強奪します。: 泥棒猫ヒナコの事件簿』(著者:永嶋恵美さん/発売元:株式会社徳間書店)を6月2日より発売します。

 
さらに、2ヶ月連続復刊企画として”泥棒猫ヒナコの事件簿”の第2弾小説『泥棒猫ヒナコの事件簿 別れの夜には猫がいる』を7月4日に発売予定です。

 

復刊プロデュース文庫とは

「復刊プロデュース文庫」プロジェクトは、“一人でも多くのお客様に本を通して新たな世界に出会ってほしい“という願いをこめて、店頭スタッフ参加型の企画としてTSUTAYA書店員が集まり、2015年6月に発足。

絶版や品切れとなった文庫本の中から、多くの人に読んで欲しいと願う名作中の名作を見つけ出し、現在の読者の方たちに合う「本当にオススメしたい文庫」として再びお客様の手元に届けるという企画です。

2016年2月の発売開始以来、現在計6タイトルを復刊、累計発行部数はすでに25万部を超えています。

 

書店員が選んだ心を奪われたヒロイン小説第1位『泥棒猫ヒナコの事件簿 あなたの恋人、強奪します。』

永嶋恵美さんの『泥棒猫ヒナコの事件簿 あなたの恋人、強奪します。』を復刊した理由について、復刊プロデューサーの栗俣力也さんは、
「本作は、とても面白い作品であるにも関わらず、2010年の発売以降、長らく欠品となっておりました。恋愛ミステリーであり文体も読みやすく読後感も清清しいので、今流行のキャラクター文庫を読んでいる読者にも、また従来の恋愛、ミステリー好きの読者にもハマると考え選びました。
内容は『惚れさせ屋』とも言うべきオフィスCATのヒナコが出会う事件について書かれた短編集です。単純にストーリーが面白いだけではなく、恋の悩みの解決の指南書にもなっている凄い作品です!今の時代の女性たちにも十分共感してもらえる作品ですし、女性はもちろん多くの男性にも読んでいただきたい作品です。」とコメント。

 
<栗俣力也さん プロフィール>
絶版書の復刊を数多く仕掛け、ヒット本を発掘することで知られ、読者や出版業界関係者に「仕掛け番長」と呼ばれています。日経トレンディ連載中の「仕事人」にも登場するなど、単なる書店員としてという目線ではなく、企画力のあるお店作りで定評があります。著書に『マンガ担当書店員が全力で薦める本当にすごいマンガはこれだ!』(TOブックス)。

 
<作品あらすじ>
「あなたの恋人、友達のカレシ、強奪して差し上げます」。こんな広告を見て、半分疑い、半分救いを求めながら、オフィスCATに電話する女性たち。でも、オフィスCATの皆実雛子(みなみ・ひなこ)がもつれた恋愛関係を清算したとき、ふと気付くと皆癒され、つぶやくのです。「雛子がいてくれてよかった」と。今注目の女流作家が描く、心温まるヒューマン・サスペンス連作集。

 

永嶋恵美さん プロフィール

著者の永嶋恵美(ながしま・えみ)さんは、福岡県出身、1964年8月26日生まれ。広島大学文学部哲学科卒。1994年に『ZERO』で第4回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞受賞。サスペンス小説などを手がける一方、別名「映島巡」としてはゲームノベライズ、漫画原作などで幅広く活動を行っています。2016年には、『ババ抜き』で第69回日本推理作家協会賞短編部門受賞。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です