本のページ

SINCE 1991

『中間管理録トネガワ』利根川幸雄が悩める子羊たちの人生相談、すべて斬る! まさかの「カイジ」スピンオフのスピンオフ

『中間管理録トネガワ』利根川幸雄が悩める子羊たちの人生相談、すべて斬る! まさかの「カイジ」スピンオフのスピンオフ

『中間管理録トネガワ』利根川幸雄が悩める子羊たちの人生相談、すべて斬る! まさかの「カイジ」スピンオフのスピンオフ

講談社は、『賭博黙示録カイジ』のスピンオフ『中間管理録トネガワ』のスピンオフ『中間管理録トネガワの悪魔的人生相談』(著:奥津圭介さん/協力:福本伸行さん/原作:萩原天晴さん/漫画:三好智樹さん、橋本智広さん)を刊行しました。

 

帝愛・兵藤会長の副業禁止令をものともせず!『中間管理録トネガワ』の利根川幸雄が、悩める子羊たちの人生相談、すべて斬る!

生きづらい!
ただ働いているだけなのに、生きづらい!
悪いのは俺じゃない、社会なんだ――。

ククク……クク。なるほど、お前たちがそう嘆くのには、嘆くだけの理由があるということか。そう、お前たちが嘆くのには理由がある。
それはお前たちがクズだからだ!
そしてクズに甘んじて思考しない弱者だからだ!!

 
シリーズ累計2,000万部を超える『賭博黙示録カイジ』のスピンオフ『中間管理録トネガワ』。その主人公たる利根川幸雄が、ダラケきった中高年読者に喝を入れるため活字の世界に降臨。

貧困、暴力、機会不平等、セクハラ、パワハラ、モラハラ、公文書の書き変え、お友達人事、国家レベルの隠蔽……。とかく世知辛い世間は嫌気が差すことばかり……。

帝愛グループ最高幹部が、悩み迷える子羊たちから寄せられた質問、相談をぶった斬り、悪魔的解決方法を授けていきます。

 
以下は、回答者である利根川幸雄氏よりのメッセージ。

「ハラスメントをしても、罰される者と、のうのうとしていられる者の二通りが存在する。
権力者がどれだけ不正を追及されようが座して動じず、いつの間にか不正そのものが有耶無耶にされる。
こうしたリアルを、お前たちは理不尽と受け取るか? 理由があると受け取るか?
お前たちの悩みの根源にあるのは、甘え。
自分をよく見せたいという小さな欲。
それを、いやというほどわからせてやろうではないか!」

 

本書の内容

相談してきた面々は、「セクハラで失脚したトップバンカー」「体育会系営業に苦しむ会社員」「10年続いた不倫にケリを付けたい男」「イケメンゲームのガチャにハマった女」「中2の息子がいじめられている母親」「不満はないが希望もない独身中年男」などなど23人。それに加え、地下帝国で働くあの人も緊急参戦!

利根川チームの黒服たちの座談会もつけて、盛りだくさんのスピンオフ!

 
【目次】
シーン1 圧倒的ビジネス
シーン2 圧倒的Man & Woman
シーン3 圧倒的ファミリーの絆
シーン4 圧倒的人生の使い道

 
なお、『中間管理録トネガワ』最新第8巻(協力:福本伸行さん/原作:萩原天晴さん/漫画:三好智樹さん・橋本智広さん)も同日発売となっています。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です