本のページ

SINCE 1991

【キノベス!2019】紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめするベスト30を発表!1位は瀬尾まいこさん『そして、バトンは渡された』

紀伊國屋書店は12月26日、紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめするベスト30「キノベス!2019」を発表しました。

 

紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめするベスト30「キノベス!2019」1位~10位〔敬称略〕

1位 『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ/文藝春秋)

2位 『ある男』(平野啓一郎/文藝春秋)

3位 『地球星人』(村田沙耶香/新潮社)

4位 『みえるとか みえないとか』(さく:ヨシタケシンスケ/そうだん:伊藤亜紗/アリス館)

5位 『アウシュヴィッツの歯科医』(ベンジャミン・ジェイコブス/紀伊國屋書店)

6位 『文字渦』(円城塔/新潮社)

7位 『さざなみのよる』(木皿泉/河出書房新社)

8位 『歌集 滑走路』(萩原慎一郎/KADOKAWA)

9位 『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』(松本ひで吉/講談社)

10位 『熱帯』(森見登美彦/文藝春秋)

 
なお、30位までの詳細は、https://www.kinokuniya.co.jp/c/company/pressrelease/20181226120001.html をご覧ください。

 

「キノベス!」について

「キノベス!」は、過去1年間に出版された新刊(文庫化タイトル除く)を対象に、紀伊國屋書店スタッフが「自分で読んでみて本当に面白い、ぜひ読んでほしい本を選び、お客様におすすめしよう」という企画で、2003年にスタート。

今年は18名の選考委員が、紀伊國屋書店の全スタッフから公募した推薦コメントを熟読し、ベスト30を決定しました。

 
なお、2019年2月1日(金)より、全国の紀伊國屋書店にて「キノベス!2019フェア」が一斉開催される予定です。スタッフが各作品に寄せたコメントを掲載した小冊子が店頭にて配布されます。

 

血の繋がらない親の間をリレーされ、四回も名字が変わった森宮優子、十七歳。だが、彼女はいつも愛されていた。身近な人が愛おしくなる、著者会心の感動作。

 
【関連】
紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめするベスト30「キノベス!2019」を発表 | 本の「今」がわかる 紀伊國屋書店

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です