本のページ

SINCE 1991

日比谷コテージが「文庫本を贈ろう」をテーマに新しい本の贈り方を提案 トイヒロユキさんの絵画展示も

日比谷コテージが「文庫本を贈ろう」をテーマに新しい本の贈り方を提案 トイヒロユキさんの絵画展示も

日比谷コテージが「文庫本を贈ろう」をテーマに新しい本の贈り方を提案 トイヒロユキさんの絵画展示も

ローソンエンタテインメントが運営する「HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE」(日比谷コテージ)にて、11月30日から12月25日の期間、「文庫本を贈ろう」をテーマに、文庫本と組み合わせて贈るのに最適なオリジナルグッズの販売および、今回のメインビジュアルを手掛けた現代美術作家のトイヒロユキさんによるEXHIBITION「トイシキ」を開催します。

★HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE 特設ページ:https://www.hmv.co.jp/news/article/1811270008/

 

クリスマスにあわせ、「文庫本を贈ろう」をテーマに新しい本の贈り方を提案

日比谷コテージでは、クリスマスにあわせ、「文庫本」を”特別なギフト”にするための新しい本の贈り方を提案します。

 
本は気軽なギフトとして人気があります。中でも「文庫本」はジャンルの幅があり、かさばらず、手軽に持ち運びができるなど贈り物に最適である一方で、価格的には少し物足りないと感じる面もあります。

今回、日比谷コテージでは「文庫本」と組み合わせて贈るのに最適なオリジナルグッズを用意。「文庫本」と合わせることで、クリスマスに「文庫本」を”ちょっといいもの”にして贈ることができます。

 
この機会に、大切な人や日頃お世話になっている人へ、あなたが選ぶ「文庫本」を贈ってみてはいかがでしょうか。

どんな本を選んだら良いか分からないお客さんには、日比谷コテージの書店員が選ぶプレゼントにお薦めの「文庫本」も展開。お薦めの「文庫本」を参考に、相手に贈りたい本選びをお楽しみください。

 
また、今回の「文庫本を贈ろう」をテーマとしたメインビジュアルを手掛けた現代美術作家のトイヒロユキさんの描き下ろし作品を展示・販売する「トイヒロユキEXHIBITION『トイシキ』」も同時に開催します。

 

「文庫本を贈ろう」&「トイヒロユキEXHIBITION『トイシキ』」開催概要

■会場:HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE(東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ3F)

■日程:2018年11月30日(金)~12月25日(火)

■営業時間:11:00~20:00

 

「文庫本を贈ろう」オリジナルグッズ

■「BUNKO TOTE」

文庫本が縦にすっぽりと入るサイズのトートバッグです。外に本を読みに行く時にはもちろん、バッグの中が溢れかえるような荷物の多い日にも文庫本のシェルターとして活用できる、文庫本のためのオリジナルバッグです。
ぜひ文庫本を入れてプレゼントしてください。

価格:2,950円(税抜)
企画/アートディレクション:TWOPLATOON
制作:raregem

 
■「BUNKO END」

やさしい木肌の針葉樹材を、文庫本の形に仕上げた本立てです。マグネットで底板に固定するので、自由なレイアウトが可能です。シンプルなので部屋を選ばず、文庫本にぴったりの本棚が誕生する感動をぜひ味わってみてください。

価格:4,850円(税抜)
企画/アートディレクション:TWOPLATOON
制作:raregem

 
■「BUNKO BAND」

文庫本にメッセージを添えられる帯の形状をしたメッセージカードです。日比谷コテージのイメージカラーである濃い緑に銀箔の文字でエレガントに仕上げています。「特別なギフト」には、特別なメッセージカードで想いを伝えてみませんか?

価格:100円(税抜)
企画/アートディレクション/制作:TWOPLATOON

 
<協力>
TWOPLATOON:http://twopla.com/
raregem:http://www.raregem.co.jp/

 

「トイヒロユキEXHIBITION『トイシキ』」について

今回のメインビジュアルを手掛ける現代美術作家のトイヒロユキさんの描き下ろし絵画が、店頭にて展示・販売されます。

トイヒロユキさんの絵画を生でご覧になれる貴重な機会となっています。

 
【トイヒロユキさんプロフィール】

1981年大阪生まれ。Artist , Designer。

2000年に高校を卒業後、絵画技法を独学。2009年より本格的にグループ展への出展を開始。同年、個展「seuzau」を開催。近年では2017年にBunkamura Gallery主催のネクスト・ジェネレーション – 次世代の気鋭アーティスト -の12名にセレクションされるなど、注目を集めている。

★URL:https://www.toihiroyuki.com/

 
【関連】
『文庫本を贈ろう』|HMV&BOOKS onlineニュース

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です