本のページ

SINCE 1991

日本経済新聞社が拡張現実で新聞の情報を広げるアプリ「日経AR」をリリース

日本経済新聞社は、新聞記事や広告から拡張現実(AR)コンテンツを表示するスマートフォンアプリ「日経AR」をリリースしました。

 

新聞の表現を豊かにする、日経グループの新しいコンテンツ体験

「日経AR」では、アプリを起動し、スマホのカメラで紙面に掲載した指定のマーカーを読み取れば、編集記事のより詳しい解説動画を見ることができます。

広告の場合は掲載企業のサイトへ遷移したり、紹介する商品に関連した画像や動画をスマホの画面上に表示したりします。仮想物体を動かすことも可能です。

 
第1弾として、12月2日付の金融情報紙「日経ヴェリタス」でARコンテンツを展開します。カバー特集のテーマは「イノベーション」で、技術革新により登場する製品をARを使い立体映像で紹介するほか、他面でもマーケットの「なぜ」や企業のニュースに関連する解説を動くグラフや動画で見ることができます。

 
アプリの開発においては、スターティアラボのAR技術を、またデータマネジメントとしてオプトのアプリデータマネジメントツール「Spin App」をそれぞれ採用。「日経AR」は今後、両社の協力を得ながら機能の拡充を進め、スタンプラリー機能を搭載するなど、さらに使いやすく楽しいアプリへと変化していくことを目指します。

 
【アプリの使い方】
「日経AR」アプリをスマホにインストールし、新聞紙面上に印刷された指定の「マーカー」を読み取るだけでご覧になれます。

【利用環境】
「日経AR」はiOS7以上を搭載するiPhone(アイフォーン)、iPod touch(アイポッドタッチ)、Android(アンドロイド)4以上のAndroid端末で利用できます。それ以外の環境の場合には、一部機能が使用できない可能性があります。
※iPod touchではWi-Fi通信環境が必要です。
※ アプリのダウンロードには「Apple ID」または「Googleアカウント」が必要となります。

★詳細URL:https://adweb.nikkei.co.jp/ar/lp/

 

ARとは

ARは「Augmented Reality」の略で、一般的に「拡張現実」と言われています。実在する空間にバーチャルなコンテンツを重ねて表示することで、人間の現実認識の幅を広げます。“仮想的に目の前の世界を拡張する“というものです。

 

日本経済新聞社について

日本経済新聞社は、1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。約1500人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。主力媒体である「日本経済新聞」の発行部数は現在約242万部、2010年3月に創刊された「日本経済新聞 電子版」の有料会員数は約60万人で、有料・無料登録を合わせた会員数は400万人を上回っています。

 
【関連】
日本経済新聞 ARアプリ|日経AR

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です