本のページ

SINCE 1991

【第52回北海道新聞文学賞】澤田展人さん小説「ンブフルの丘」と麻生直子さん詩集『端境の海』が受賞

北海道新聞社は、第52回北海道新聞文学賞の受賞作を発表しました。

 

第52回北海道新聞文学賞「創作・評論部門」「詩部門」の受賞作が決定!

第52回北海道新聞文学賞の受賞作が、次の通り決定しました。

 
【創作・評論部門】

■本賞
澤田展人さん(64歳/札幌市/市民講座講師)
小説「ンブフルの丘」(「逍遥通信」第2号)、

■佳作
石川郁夫さん(81歳/旭川市)
評論『佐藤喜一―記録への傾斜・内的表白の封印』(あさひかわ学研究会)

 
【詩部門】

■本賞
麻生直子さん(76歳/東京都/詩人)
詩集『端境(はきょう)の海』(思潮社)

■佳作
水出みどりさん(91歳/札幌市/詩人)
詩集『夜更けわたしはわたしのなかを降りていく』(思潮社)

 
受賞作には正賞(ブロンズレリーフ)と副賞(創作・評論100万円、詩50万円)が、佳作には記念品と副賞(創作・評論20万円、詩15万円)が贈られます。

なお、候補作と選考経過、選評、受賞者インタビューなど詳細は、https://www.hokkaido-np.co.jp/series/52bungaku_result/ をご覧ください。

 

北海道新聞文学賞について

北海道新聞文学賞は、北海道新聞社が1967年に創設した文学賞です。

創作・評論部門と詩部門で構成。応募者の条件として、基本的に北海道在住者もしくは道内に3年以上居住したことのある者としています。

 

端境の海
真綿でくるんだ貝殻骨の小箱を
小走りで手渡してくれた人のやわらかな笑み
唄の島の哀歌の棘のような
多島海の白いほね

故郷・奥尻島の波のうねみに身をゆだね、アイヌへ、インドへ、心は旅を続ける。「辺境」に在ることを志向する詩人が紡ぐ、「わたしたちとあなたたち」の終わりない物語。

 
【関連】
創作・評論部門本賞は澤田さん 詩部門本賞に麻生さん:どうしん電子版(北海道新聞)
第52回北海道新聞文学賞:どうしん電子版(北海道新聞)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です