本のページ

SINCE 1991

仮想戦記作家の佐藤大輔さんが死去

仮想戦記小説などで知られる作家の佐藤大輔さんが虚血性心疾患のため、2017年3月22日に亡くなりました。52歳。葬儀は近親者で既に営んでいます。喪主は妹の新名裕子さん。

 
佐藤大輔さんは、ゲームデザイナー、ライターなどを経て作家に転身し、架空の世界を舞台にした戦記小説を執筆。代表作に『皇国の守護者』『レッドサンブラッククロス』『征途』などがあります。

なお、『皇国の守護者』は、漫画家・伊藤悠さんによって漫画化もされています。

 

皇国の守護者1 – 反逆の戦場 (中公文庫)
氷雪舞う皇国北端の地に、鋼鉄の奔流が押し寄せた。圧倒的軍事力を誇る帝国軍怒濤の進撃に、皇国軍は為す術もなく潰走する。殿軍を担う兵站将校・新城直衛中尉は、死力を尽くして猛攻に立ち向かうが――!? 真の「救国の英雄」の意義を問う大河戦記、開幕! C★NOVELS版を全面改稿。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です