気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『最高のアウトプットができる スゴイ! 学び方』学びは未来の自分へのパスポート!山﨑拓巳さんが知的生産術を大公開

山﨑拓巳さん著『最高のアウトプットができる スゴイ! 学び方』

山﨑拓巳さん著『最高のアウトプットができる スゴイ! 学び方』

山﨑拓巳さん著『最高のアウトプットができる スゴイ! 学び方』が、かんき出版より刊行されました。

 

成功者はなぜ学び続けるのか?

以下の質問に1つでも「YES」と答えた方は、ぜひ本書をご一読ください。

□仕事で頑張っているわりに、成果が出ない
□動画や音源など、新しい学びツールに興味がある
□学ぶのは好きだけど、アウトプットは苦手である
□学校の先生から教わったやり方に、今でも疑問を感じる
□新しいインプット法を身につけて、ライバルに差をつけたい

 
本書は、いわゆる「お勉強」の本ではありません。
テストでよい点を取るのがゴールという「お勉強」ができても、本当の意味での「学び」ができないと、社会人になってから、多くの人が伸び悩みます。

それは、成長することを怠って、今の自分に安住してしまうから。気がつけば、昔、自分より成績が悪かったヤツに抜かれている……。

そんな、「ウサギと亀」みたいなことが起こるのが、現実の世の中です。だから、「お勉強」ではなく、「学び」なのです。 昔、自分を「亀」だと思っていた人には、大きなチャンスが広がっています。

「愚人は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉があります。
愚かなる者は、自分の経験からしか学べないから、なにごとにおいても、時間がかかる。しかし、賢い者は既に誰かが経験したものをも我がものにし、常に効率的、効果的に「学び」を続けている。
世の中で「成功者」と呼ばれる人たちは、例外なく「学び」続けています。

 
本書では、著者が多くの成功者たちに接するなかで身につけた、最小の努力で最大の効果を発揮する「スゴイ! 学び方」についての、普遍的な法則を伝授します。

YouTubeなどの動画や、Himalayaなどの音源などを活用した、効果的なインプット方法、そして、SNSなどを活用したアウトプットの方法や効果についても解説しています。

また、明日の学びからすぐに始められるように、著者が普段使っているペンやノート、タブレットPCなどの活用法を紹介。さらに、エバーノートやピンタレストなど、ネット上の「ネタ帖」の作り方についても盛り込まれています。

 

本書の目次

巻頭マンガ

はじめに――未来に素晴らしい絵を描くために

第1章 「学び」には正しいやり方がある

第2章 メディアやツールを使った「独学」のすすめ

第3章 「学び」の本質を知る

第4章 アウトプットのためのインプット法(アナログ編)

第5章 アウトプットのためのインプット法(デジタル編)

第6章 アウトプットで学びを完成させる

おわりに――過去の自分が訪ねてきたときに……

 

山﨑拓巳さん プロフィール

著者の山﨑拓巳(やまざき・たくみ)さんは、1965年生まれ。三重県出身。広島大学教育学部中退。20歳起業。22歳で「有限会社たく」を設立。以来30年以上、多岐にわたり事業を同時進行に展開中。

現在まで40冊以上を上梓し、累計150万部のベストセラー作家でもある。講演も大人気を博しており、「凄いことはアッサリ起きる」‐夢‐実現プロデューサーとして、コミュニケーション術、リーダーシップ論、メンタルマネジメントなど多ジャンルにわたり行ない、世界で200万人以上に向けてスピーチをしてきた。

主な著書に、『さりげなく人を動かす スゴイ! 話し方』『お金のポケットが増える スゴイ! 稼ぎ方』(いずれも、かんき出版)、『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』(いずれも、サンクチュアリ出版)などがある。

本書では、事業家として、作家として、講演家として活躍し、のべ350万人を魅了してきた著者が、成功のバックボーンとなった「学び方」の秘密を初めて公開する。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です