本のページ

SINCE 1991

稀代のワルの「桃太郎」誕生! 芥川龍之介×寺門孝之さん〈ダークすぎるおとぎ話〉『芥川龍之介の桃太郎』が刊行

芥川龍之介による衝撃のダークすぎるおとぎ話『芥川龍之介の桃太郎』(挿絵:寺門孝之さん)が河出書房新社より刊行されました。 おとぎ話とは全く異なる、稀代のワルの桃太郎。平和で牧歌的な鬼が島にお供を連れて征伐に向かうが…。『芥川龍之介の桃太郎』は、現代の世の中を暗示するような物語と見応えのある挿絵で何度も読み返したくなる絵本です。   みんなが知っているおとぎ話が、芥川龍之介にかかるとこんな […]


「ビブリア古書堂の事件手帖」三上延さん〈文豪×怪異×ミステリー〉『百鬼園事件帖』が刊行

「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズで知られる三上延さんによる〈文豪×怪異×ミステリー〉『百鬼園事件帖』がKADOKAWAより刊行されました。   この世は、奇妙な出来事であふれている――特に先生の周りには。 独自の世界を築いた幻想小説と茶目っ気あふれる随筆で多くの人に愛された内田百間。本書は、逸話に事欠かない彼をモデルにしたエンタテインメント小説です。   百間が師事した夏目 […]


『走れメロス』『山月記』『羅生門』など名作文学を全文無料公開!「カクヨム近代文学館」が開館

KADOKAWAは、はてなと共同で開発したWeb小説サイト「カクヨム」内に「カクヨム近代文学館」を開設し、近代文学の名作77作品を一挙無料公開しました。 また、「名作文学キャッチコピーキャンペーン」も3月26日まで実施中です。   『走れメロス』『山月記』など名作文学が全文無料で読める! Web小説サイト「カクヨム」は、KADOKAWAから過去に出版されている、パブリックドメインとなって […]


『芥川龍之介・菊池寛共訳 完全版 アリス物語』刊行記念澤西祐典さん×渡辺祐真/スケザネさんオンライントークイベントを開催

芥川龍之介・菊池寛による幻の名訳『芥川龍之介・菊池寛共訳 完全版 アリス物語』(著:ルイス・キャロル)がグラフィック社より2月に刊行され、発売から1週間でたちまち重版が決定しました。文豪・芥川と菊池が手がけた魅力あふれる訳文に加え、軽妙な注釈や解説、愛らしい装丁に人気が高まっています。 そんな本書の発売を記念して、3月4日(土)の東京・下北沢の書店B&Bに続き、大阪の書店toi book […]


芥川龍之介・菊池寛共訳『不思議の国のアリス』が約100年ぶりに復刊

芥川龍之介・菊池寛による幻の名訳『芥川龍之介・菊池寛共訳 完全版 アリス物語』(著:ルイス・キャロル)がグラフィック社より刊行されました。 本書の刊行を記念して、本屋B&Bにて本書の訳補・注解を手がけた小説家の澤西祐典さんと、ゲストの翻訳家・柴田元幸さんによるトークイベントが3月4日(土)にオンライン&リアル開催されます。   芥川龍之介・菊池寛による『不思議の国のアリス』幻の […]


「文豪とアルケミスト」がW表紙、新作ノベライズ短編掲載の『小説新潮』が史上二度目の重版! 2021年にデビューした新人作家6名の短篇小説&座談会、マキタスポーツさん、モモコグミカンパニーさん(BiSH)のエッセイも

昨年11月に5周年を迎えた文豪転生シミュレーションゲーム「文豪とアルケミスト」と初コラボした老舗文芸誌『小説新潮』2022年6月号(5月20日発売)が発売後わずか4日で重版が決定しました。『小説新潮』の重版は、創刊75年の歴史において、史上二度目となる快挙です。   「文豪とアルケミスト」特集が大反響! 前代未聞のW表紙となる描き下ろしイラスト、新作ノベライズ短篇も 累計登録者が140万 […]


アイルランドの文豪・イェイツ×芥川龍之介×イラストレーター・ホノジロトヲジさん「乙女の本棚」シリーズ『春の心臓』刊行

立東舎は、アイルランドの文豪・イェイツとイラストレーター・ホノジロトヲジさんがコラボレーションした、「乙女の本棚」シリーズの最新刊ズ『春の心臓』を刊行しました。   「乙女の本棚」シリーズ若き日の芥川龍之介が翻訳したアイルランドの文豪・イェイツが登場! イラストレーター・ホノジロトヲジさんとコラボしたが発売! 「乙女の本棚」とは、文豪の名作に、現代のイラストレーターが自由な感性でイラスト […]


山田全自動さんが日本の近代文学をコミカライズ!『山田全自動の日本文学でござる』を刊行

インスタフォロワー数105万人、江戸時代町人風のキャラクターでおなじみのイラストレーター山田全自動さんが「日本の文学作品」をテーマに、山田さんならではの独自のタッチで珠玉の名作を描く『山田全自動の日本文学でござる』が辰巳出版より刊行されました。   文学初心者大歓迎! 山田全自動流コミカライズで日本の近代文学を中心に全20作品収録! 著者の山田全自動さんは、ちょんまげ姿の江戸時代町人風と […]


Amazonオーディブルが小林多喜二『蟹工船』、有島武郎『或る女』、島崎藤村『夜明け前』など日本文学の巨匠22作品をポッドキャストにて配信

Amazon オーディブルは、秋の読書週間(10月27日~11月9日)に合わせ、日本文学の巨匠らによる珠玉の22作品を『巨匠たちの特選文学集』として配信開始しました。 小林多喜二の『蟹工船』をはじめ、谷崎潤一郎、芥川龍之介、太宰治、森鷗外、樋口一葉などの作品を含むこれらの作品はポッドキャストにて配信され、オーディブル会員であれば追加料金なしで楽しむことができます。 ★URL:http […]


1月1日から12月31日まで文豪たちがいつどこで何をしていたかがすぐわかる『文豪きょうは何の日?』が刊行

立東舎は、『文豪きょうは何の日?』(編:立東舎)を刊行しました。   <365+1日、毎日が文豪記念日!> ◎1月17日、芥川龍之介がインフルエンザにかかり、10日間ほど寝込む。 ◎8月4日、内田百閒が妻の提案で生まれて初めてキュウリの味噌汁を食べる。 ◎11月10日、萩原朔太郎の家の近所に室生犀星の一家が引っ越してくる。   文豪にまつわる記念日といえば、どんなものを思い浮か […]