本のページ

SINCE 1991

「新潮」創刊120周年記念号は21世紀の日本文学を代表する作家たちが大集合! 村上春樹さん、川上未映子さんの最新短篇も

新潮社が発行する文芸誌「新潮」創刊120周年記念号(6月号)が5月7日に発売されました。   「新潮」が創刊120周年! 文芸誌「新潮」は日露戦争期の1904(明治37)年5月5日に創刊されました。以来、関東大震災直後と第2次世界大戦の一時期をのぞき休むことなく刊行されてきた、国際的にも稀有な歴史を持つ文芸誌です。   創刊から120年――文学者たちは「新潮」を舞台に、みずから […]


宇多田ヒカルさん×小川哲さん――2人のアーティストを育んだ「SF」の魅力とは? 「SFマガジン」2024年6月号に特別対談を掲載

早川書房が発行する「SFマガジン」2024年6月号(4月25日発売)にて、「ベストアルバム『SCIENCE FICTION』特別対談 宇多田ヒカル×小川哲」が掲載されています。 デビュー25周年を記念した初のベストアルバム「SCIENCE FICTION」を4月10日に発表したシンガーソングライター・宇多田ヒカルさんと、『地図と拳』で第168回 直木賞を受賞したSF作家・小川哲さんの特別対談が実現 […]


「どうか 自分だけがしあわせでありますように 他のひとはみんな死んでしまいますように」ほろほろ落花生さん『ぼくは君がなつかしい』が刊行

2021年にオルタナティブ文芸の出版社として出版活動を開始した株式会社破滅派より、ほろほろ落花生さん著『ぼくは君がなつかしい ほろほろ落花生全集』(編:高橋文樹さん)が刊行されました。   アウトサイダー文学の決定版『ぼくは君がなつかしい』 本書は、破滅派の創設メンバーにして、福井の眠れる天才、怒りの子供部屋おじさん、のっぴきならないロスジェネ、孤高の反出生主義者……ほろほろ落花生さんの […]


ベストセラー『時間は存在しない』の着想はどこから来たのか? カルロ・ロヴェッリさん『規則より思いやりが大事な場所で』が刊行

『時間は存在しない』『世界は「関係」でできている』などのベストセラーを生んだ物理学者・カルロ・ロヴェッリさんの新刊『規則より思いやりが大事な場所で 物理学者はいかに世界を見ているか』がNHK出版より刊行されました。 物理学の最先端を詩的な表現もまじえて解説し、読者から絶大な支持を集めるロヴェッリさん。彼が新聞各紙に執筆してきたコラムから、選りすぐりの52篇を収載。科学のみらず哲学・文学や時事問題ま […]


Bunkamuraドゥマゴ文学賞×東京日仏学院がトークイベント「文学賞からはじめるフランス文学」を開催

東急文化村(東京・渋谷)が主催するBunkamuraドゥマゴ文学賞は、東京日仏学院(在日フランス大使館)との共催で、トークイベント「文学賞からはじめるフランス文学」を1月28日(日)に開催します。   初心者必見!フランス文学のプロが語る“フランス文学”を知るトークイベント カフェから始まったドゥマゴ賞や、五大文学賞といわれるゴンクール賞、フェミナ賞、ルノードー賞、メディシス賞、アンテラ […]


歌人であり評論家でもあった与謝野晶子の美しく力強い言葉の数々!『与謝野晶子 愛と理性の言葉』が刊行

歌人であり評論家でもあった与謝野晶子の美しく力強い言葉の数々を収録した『与謝野晶子 愛と理性の言葉』(著:与謝野晶子、編訳:松村由利子さん)がディスカヴァー・トゥエンティワンより刊行されました。   歌人でもあり、文化人でもあった与謝野晶子 近代歌壇を代表する歌人で『みだれ髪』や『君死にたまふことなかれ』などで知られる与謝野晶子。「情熱の歌人」と呼ばれ、現代詩において多大な影響を与えてい […]


祝!成人の日 hontoが「2023年度 新成人が読んだ小説ランキング」を発表 第1位は凪良ゆうさん『汝、星のごとく』

ハイブリッド型総合書店「honto」は、hontoサービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂などと、hontoサイトで購入された書籍や電子書籍の販売データをもとに集計した「2023年度 新成人が読んだ小説ランキング」を発表しました。   2023年度 新成人が読んだ小説ランキング トップ10 〔敬称略〕 ≪ランキング集計概要≫ ハイブリッド型総合書店honto(丸善、ジュンク堂書店、文 […]


歌人・上坂あゆ美さんがマスター!「スナックはまゆう」が新宿歌舞伎町にて新規開店

新宿を中心に事業展開するSmappa!Groupによるアートスペース「デカメロン」では、2023年12月20日(水)より毎週水曜日を「スナックはまゆう」として営業開始します。 「スナックはまゆう」は、歌人・エッセイストの上坂あゆ美さんが日本橋のアートスペース「無重力セッション」にて不定期開催していたスナックで、文芸、映画、ラジオ、音楽、お笑いなど、あらゆる文化に興味がある人たちが交流するオープンな […]


名作の魅力を再発見!都甲幸治さん『大人のための文学「再」入門』が刊行

翻訳家で早稲田大学教授の都甲幸治さんによる書評集『大人のための文学「再」入門』が立東舎より刊行されました。   早稲田大学教授が名作の魅力を再発見! 生活に根ざしたテーマで読み解く書評集 本書では、「ニュースウォッチ9」や「100分de名著」などへのTV出演でも知られる、早稲田大学の都甲幸治教授の、朝日新聞に掲載された書評を中心に、「家族と故郷」「愛」「日常」「生き延びること」「社会」「 […]


柚木麻子さん講演会「次世代につなぐもの~文化と教育の可能性~」を開催

町田市民文学館は、地域貢献を目的に公開講演会を実施している立教大学校友会の町田支部である町田立教会との共催事業として、同大学卒業生でもある作家の柚木麻子さんによる講演会「次世代につなぐもの~文化と教育の可能性~」を11月23日(木・祝)に開催します。   講演会「次世代につなぐもの~文化と教育の可能性~」開催概要 今回の講演会では、若年層に知名度の高い作家の柚木麻子さんが、ご自身が受けて […]