本のページ

SINCE 1991

欧米で累計40万部のベストセラー!20言語で翻訳された色彩エッセイ『色の秘めたる歴史 75色の物語』邦訳版が刊行

欧米で累計40万部のベストセラーとなり、20言語で翻訳された、カシア・セントクレアさんの色彩エッセイ『色の秘めたる歴史 75色の物語』(訳:木村高子さん)の日本語版がパイ インターナショナルより刊行されました。   欧米のベストセラーで読む、色が変えた歴史の物語 フェルメールの贋作を露見させたコバルト・ブルー、パンクの同義語になった蛍光ピンク、軍事戦略を変えたカーキ、多様性にともない色域 […]


北米ミステリー各賞を総なめ!『頬に哀しみを刻め』が『このミス』海外編1位を獲得

ハーパーコリンズ・ジャパン刊行のS・A・コスビー著『頬に哀しみを刻め』(訳:加賀山卓朗さん)が、『このミステリーがすごい!2024年版』(宝島社)海外編1位にランクインしました。   黒人の父親、白人の父親、惨殺された息子たち――血の弔いが幕を開ける! 北米ミステリー界の各賞を総なめにしたクライム・ノワールの超新星S・A・コスビーの話題作『頬に哀しみを刻め』 同作は「ミステリが読みたい! […]


中華圏ベストセラー人生エッセイ『私をやめたい。でも今日くらいは笑ってみる』が刊行

全シリーズ累計700万部突破の中華圏ベストセラー人生エッセイ、蔡康永さん著『私をやめたい。でも今日くらいは笑ってみる』(監訳:森美樹さん、訳:長井由花さん)がフォレスト出版より刊行されました。 テレビ司会者や映画監督、シナリオ作家など、台湾を中心に中華圏でマルチに活躍している蔡康永さんの著書、自分らしく生きるための心のレッスン『蔡康永的情商課:為你自己活一次』が、このたび日本語訳版と […]


今年「日本で一番売れたビジネス書」は安達裕哉さん『頭のいい人が話す前に考えていること』

コンサル歴22年の知見が詰まったビジネス書/コミュニケーション本として41万部を突破した『頭のいい人が話す前に考えていること』(著:安達裕哉さん)が、書店取次大手のトーハンと日本出版販売(日販)が発表した2023年年間ベストセラーの「ビジネス書」部門において第1位に輝きました(トーハン調べ/日販調べ)。   ビジネスパーソンだけじゃない!老若男女、すべての方に愛されている「コミュニケーシ […]


2023年「日本で一番売れた新書」は 磯田道史さん『日本史を暴く』

中央公論新社が2022年11月に刊行した中公新書『日本史を暴く』(著:磯田道史さん)が、トーハンと日販が発表した2023年年間ベストセラーの「新書ノンフィクション」部門および楽天ブックスの新書部門にて、それぞれ年間売上第1位を獲得しました。   中公新書だけれど)とても読みやすい! 中公新書は、アカデミックで、難解なテーマを取り扱うレーベルと見られがちですが、『日本史を暴く』は、61もの […]


ホリエモン、見城徹、ガーシー……あらゆるビジネススキルより「ヤバい人との出会い」が人生を変える!箕輪厚介さん5年ぶり書き下ろし『怪獣人間の手懐け方』が刊行

見城徹さん『たった一人の熱狂』、堀江貴文さん『多動力』、落合陽一さん『日本再興戦略』、前田裕二さん『メモの魔力』、ガーシー『死なばもろとも』などさまざまなジャンルでベストセラーを連発する編集者・箕輪厚介さんが、「人生を変える人とどう出会い、対峙し、仕事にするか」を語り尽くした『怪獣人間の手懐け方』がクロスメディア・パブリッシングより9月15日に刊行されます。 なお、同じ著者による『かすり傷も痛かっ […]


ベストセラー編集者、調子に乗ってドン底へ――箕輪厚介さん『かすり傷も痛かった』が刊行

編集者で『死ぬこと以外かすり傷』の著者・箕輪厚介さん著『かすり傷も痛かった』が幻冬舎より9月15日に刊行されます。 なお、同じ著者による『怪獣人間の手懐け方』がクロスメディア・パブリッシングより同日発売されます。   14万部突破『死ぬこと以外かすり傷』の反省と振り返り 14万部のベストセラーとなった『死ぬこと以外かすり傷』の刊行から5年を経て刊行される著書のコンセプトを、箕輪厚介さんは […]


ミシェル・オバマさん『心に、光を。』刊行記念!坂東眞理子さんが「ミシェル・オバマの魅力」を語るトークイベントを開催

元米国ファーストレディ、ミシェル・オバマさん著『心に、光を。 不確実な時代を生き抜く』がKADOKAWAより9月26日(火)に刊行されます。 これを記念して、10月8日(日)に東京ミッドタウン日比谷にて、昭和女子大学総長の坂東眞理子さんを招き、「『心に、光を。不確実な時代を生き抜く』(著:ミシェル・オバマ)刊行記念セミナー」が開催されます。   坂東眞理子総長が語る「ミシェル・オバマの魅 […]


21歳が描いた〈推す、青春〉、宇佐見りんさん『推し、燃ゆ』が文庫化!

2021年に第164回芥川賞を受賞、同年「最も売れた小説」となった、宇佐見りんさん著『推し、燃ゆ』の文庫版が河出書房新社より刊行されました。   全世界で80万部突破! 世代も国境も超えたベストセラー『推し、燃ゆ』 『推し、燃ゆ』は、ままならない人生を引きずり、祈るように「推し」を推す高校生のあかりを主人公とした小説です。 2021年1月、第164回芥川龍之介賞を受賞し、その後も、202 […]


汐見夏衛さん『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』が福原遥さん×水上恒司さんW主演で映画化

ショートムービープラットフォーム「TikTok」での一般読者の投稿がきっかけで話題となり、シリーズ累計発行部数50万部となった汐見夏衛さんのベストセラー小説『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』(スターツ出版)が福原遥さんと水上恒司さんのダブル主演にて実写映画化され、2023年12月8日(金)に全国ロードショー公開となります。   初めて恋をした人は、特攻隊員でした―― 。 &nbs […]