本のページ

SINCE 1991

映画化『空飛ぶタイヤ』赤松社長にあの島耕作から熱いエール! 「生存競争」川柳も募集

映画化『空飛ぶタイヤ』赤松社長にあの島耕作から熱いエール! 「生存競争」川柳も募集

映画化『空飛ぶタイヤ』赤松社長にあの島耕作から熱いエール! 「生存競争」川柳も募集

累計170万部を突破した池井戸潤さんによるベストセラー『空飛ぶタイヤ』が初の映画化となり、6月15日(金)全国公開されます。

本作は、ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故によって整備不良を疑われた運送会社社長が、大企業に立ち向かいながら真実を追求するさまが描かれます。運送会社の社長・赤松徳郎を演じるのは、長瀬智也さん。大手自動車会社・ホープ自動車に勤め、赤松と対峙することになる沢田を演じるのは、ディーン・フジオカさん。ホープ自動車のグループ会社であるホープ銀行の銀行員・井崎を演じるのは、高橋一生さん。それぞれの正義を貫き、大企業に立ち向かう熱い男たちの魂のぶつかり合いが見どころの一つとなっています。

そしてこの度、赤松社長の闘う姿に感銘を受けた島耕作からコメントが到着しました。

 

あの会長島耕作から赤松社長に熱いエール!「その気骨と情熱で得た信頼を失わないよう頑張ってほしい」

島耕作は、漫画家・弘兼憲史さんにより1983年にコミック誌『週刊モーニング』(講談社)にて開始されたサラリーマン漫画です。電機メーカーを舞台に日本のビジネスシーンを克明に描き、サラリーマンはもちろん政財界からも熱く支持を受けています。

主人公の島耕作は「課長」の肩書きから始まり、現在は「会長」に就任しています(「会長島耕作」は『モーニング』にて、「学生 島耕作 就活編」は『イブニング』にて連載中)。

バブル崩壊、リーマン・ショックなど、実際に起きた経済事象も取り上げているのが特徴で、今年、連載35周年を迎えた今もなお、根強い人気を誇っています。

 
今回、そんな島耕作から熱いコメントが到着!

「トップに立つ者は部下からそっぽを向かれたら終わりです。
その気骨と情熱で得た信頼を失わないよう頑張ってほしい。
応援しています!

テコットホールディング 代表取締役会長 島耕作」

と、大企業に立ち向かう中小企業の社長・赤松に熱いエールを送りました。

今回のコメントは、かねてから池井戸作品に親しんでいたという弘兼憲史さんが、本作をいち早く鑑賞し、共感したことで生まれました。
「社長としての気骨を感じる、いい演技」と赤松社長に扮する長瀬さんを絶賛した弘兼さんが、“日本一有名なビジネスマン”島耕作より、赤松へエールを送るという形で、異例の応援メッセージを発表することになりました。

 

「生存競争はつらいよ 闘う戦士たちへ」川柳コンテストを開催中

公式サイトでは、闘う男たちの姿を描いた本作にちなんで、「生存競争はつらいよ 闘う戦士たちへ」川柳コンテストを開催中です。

「“しんどいね 生きていくのは”と思った瞬間」をテーマに川柳を募集。応募した方の中から優秀作品者は、6月12日(火)に実施されるイベントに招待されます。イベント当日は、最優秀賞を発表、プレゼントが贈呈されます。

★川柳コンテストキャンペーンページ:https://service.shochiku.co.jp/form/pub/movie/taiya_senryu

 

映画『空飛ぶタイヤ』について

■ストーリー

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也さん)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカさん)に再調査を要求。

同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生さん)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し” だった。

果たしてそれは事故なのか、事件なのか。男たちは大企業にどう立ち向かっていくのか。正義とはなにか、守るべきものはなにか。日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転エンタテインメント!

 
■スタッフ〔敬称略〕

・出演:長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳、笹野高史、寺脇康文、小池栄子、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、ムロツヨシ 中村蒼

・原作:池井戸潤『空飛ぶタイヤ』(講談社文庫、実業之日本社文庫)

・監督:本木克英
・脚本:林民夫
・音楽:安川午朗
・主題歌:サザンオールスターズ「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」(タイシタレーベル/スピードスターレコーズ)
・企画・配給:松竹
(c) 2018映画「空飛ぶタイヤ」製作委員会

6月15日(金)反撃開始!!

 

空飛ぶタイヤ (実業之日本社文庫)
池井戸潤作品 初の映画化!
2018年公開!

【実業之日本社 創業120周年記念出版】

—————————————————-
池井戸潤が、一番アツい!
不屈の男と家族たちの闘い!! 一気読みの大逆転エンタメ!
『下町ロケット』の原点――村上貴史(文芸評論家)
—————————————————-

名門巨大企業vs.弱小運送会社
ひとつの命をめぐる感動巨編

走行中のトレーラーから外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。
タイヤが飛んだ原因は「整備不良」なのか、それとも……。
自動車会社、銀行、警察、記者、被害者の家族ら、事故に関わった人たちの思惑と苦悩。
「容疑者」と目された運送会社の社長が、家族・仲間とともに事故の真相に迫る。
圧倒的感動を呼ぶエンターテインメント巨編!

第136回(平成18年下期)直木賞候補作。
「作者の思いが読者を揺り動かす」
「緊迫感のあるストーリー」
「企業小説を越えた作品」
と選考委員の高い評価を受けた。

 
【関連】
映画『空飛ぶタイヤ』川柳コンテスト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です