本のページ

SINCE 1991

『小説新潮』12月号は「日本ファンタジーノベル大賞2021」結果発表&恩田陸さん、森見登美彦さん、ヤマザキマリさんの選評を掲載 山本文緒さん追悼エッセイも掲載

『小説新潮』2021年12月号

『小説新潮』2021年12月号

新潮社が発行する『小説新潮』2021年12月号(11月22日発売)では、「日本ファンタジーノベル大賞2021」の結果発表および、恩田陸さん、森見登美彦さん、ヤマザキマリさんの選評を掲載しています。

また、山本文緒さん追悼エッセイ「ありがとう、山本文緒さん」も掲載されています。

 

「日本ファンタジーノベル大賞2021」は、藍銅ツバメさん「鯉姫婚姻譚」が大賞に決定!

再スタートから今年で5回を迎える、日本ファンタジーノベル大賞2021。11月初旬に同賞の最終選考会が開かれ、恩田陸さん、森見登美彦さん、ヤマザキマリさんの三選考委員による選考が行われました。

 
全応募作538篇より選ばれた最終候補作の4作品について、ファンタジー要素がどのように生かされ、物語に力を与えているのか、様々な角度から議論が交わされた結果、藍銅ツバメさん「鯉姫婚姻譚」が大賞に決まりました。

藍銅さんは1995年生まれ、徳島県出身です。本号に受賞の言葉、選評および受賞作の抄録を掲載します。

 
<日本ファンタジーノベル大賞について>追悼エッセイ「ありがとう、山本文緒さん」

10月13日、58歳の若さで急逝された山本文緒さん。追悼エッセイ「ありがとう、山本文緒さん」では、6名の方々がその思い出を語ります。

 
文緒さんと親しかった角田光代さん、窪美澄さん、吉川トリコさん、芦沢央さん、郡司珠子さん、唯川恵さんが、それぞれの心の中で生きる文緒さんのことを綴ります。皆に愛された、文緒さんの温かな人柄が伝わってきます。

 

小説新潮 2021年 12 月号

日本ファンタジーノベル大賞発表

 
【関連】
日本ファンタジーノベル大賞 | 新潮社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です