本のページ

SINCE 1991

【第63回角川短歌賞・角川俳句賞】短歌賞は睦月都さん「十七月の娘たち」、俳句賞は月野ぽぽなさん「人のかたち」

角川文化振興財団は8月31日、第63回角川短歌賞および第63回角川俳句賞の受賞作を発表。角川短歌賞は睦月都さんの「十七月の娘たち」、角川俳句賞は月野ぽぽなさんの「人のかたち」に決定しました。

 

角川短歌賞・角川俳句賞について

角川短歌賞は、歌壇に新しい開花をもたらす才能の発掘を目的として、角川書店が昭和30年に創設した公募の短歌新人賞です。未発表作品50首一連の応募作品を対象に受賞作を決定します。ちなみに、昭和61年の第32回では、俵万智さんが受賞しています。

 
角川俳句賞は、俳壇に清新な風を吹き込む才能の発掘を目的として、角川短歌賞とともに、角川書店が昭和30年に創設した公募の俳句新人賞です。未発表の50句の応募作品を対象に受賞作を決定。

両賞とも、現在は角川文化振興財団が主催。

 

第63回角川短歌賞について

第63回角川短歌賞は、睦月都(むつき・みやこ)さんの「十七月の娘たち」50首に決定しました。受賞作品、選考経過は10月25日発売の『短歌』11月号誌上で発表されます。

睦月都さんは、平成3年、東京都生まれ。「かばん」所属。

選考委員は、伊藤一彦さん、永田和宏さん、小池光さん、東直子さん。

受賞者の睦月さんには、賞状、記念品および副賞として30万円が贈られます。

 

第63回角川俳句賞について

第63回角川俳句賞は、月野ぽぽな(つきの・ぽぽな)さんの「人のかたち」50句に決定しました。受賞作品、選考経過は10月25日発売の『俳句』11月号誌上で発表されます。

月野ぽぽなさんは、昭和40年長野県生まれ。「海程」所属。第28回現代俳句新人賞、第8回海外日系文芸祭海外日系新聞放送協会会長賞を受賞。

選考委員は、仁平勝さん、正木ゆう子さん、小澤實さん、岸本尚毅さん。

受賞者の月野さんには、賞状、記念品および副賞として30万円が贈られます。

 
【関連】
【決定のお知らせ】第63回角川短歌賞 – 角川文化振興財団
【決定のお知らせ】第63回角川俳句賞 – 角川文化振興財団
角川『短歌』編集部さんのツイート
角川『俳句』編集部さんのツイート
角川文化振興財団【角川短歌賞】
角川文化振興財団【角川俳句賞】

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です