本のページ

SINCE 1991

【訃報】作家・牧原のどかさんが交通事故で死去 『ダィテス領攻防記』など

『ダィテス領攻防記』で知られる作家の牧原のどかさんが8月31日、交通事故で死去しました。愛知県刈谷市の市道で原付きバイクを運転中に乗用車と衝突したため。52歳。

『ダィテス領攻防記』の版元・アルファポリスは9月1日、「8月31日夕刻、『ダィテス領攻防記』の著者である牧原のどかさんが交通事故によりお亡くなりになられました。」と公式サイトで報告。

牧原のどかさんは2013年当社より『ダィテス領攻防記』で出版デビューし、本年5月には最新8巻を刊行。2016年からコミカライズの連載もスタートし、その人気は衰えることを知らずさらにファンを増やしておりました。」「同作は女性ヒロインが主人公の作品であるにもかかわらず、男性読者にも非常に人気が高い、当社の中でも稀有なヒットシリーズでありました。牧原のどかさんの類まれなる才能と筆力を、常日頃から編集部では強く感じ入っており、敬服しておりました。突然の訃報にただただ驚くとともに、沈痛な思いであります。」とコメントを掲載。
『ダィテス領攻防記』をご愛読いただいている方々、牧原のどかさんのファンである方々にご報告させていただくとともに、牧原のどかさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。」と哀悼の意を表しています。

 

ダィテス領攻防記 (レジーナブックス)
前世では、現代日本で腐女子人生を謳歌していた辺境の公爵令嬢ミリアーナ。だけど、異世界の暮らしはかなり不便。そのうえ、BL本もないなんて!快適な生活と萌えを求め、製鉄、通信、製紙に印刷技術と、異世界を改革中!そこへ婿としてやって来た『黒の魔将軍』マティサ。オーバーテクノロジーを駆使する嫁と、異世界チート能力を持つ婿が繰り広げる、異色の転生ファンタジー!

 
【関連】
「ダィテス領攻防記」牧原のどかさんのご訃報にあたって〔PDF〕
牧原のどか@腐婆婆(@iran9876)さん | Twitter

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です