本のページ

SINCE 1991

日本を代表する20名の漫画家が東京をテーマに全編描き下ろし!漫画「もしも東京」展が東京都現代美術館にて開催

日本を代表する20名の漫画家が東京をテーマに全編描き下ろし!漫画「もしも東京」展が東京都現代美術館にて開催

日本を代表する20名の漫画家が東京をテーマに全編描き下ろし!漫画「もしも東京」展が東京都現代美術館にて開催

日本を代表する20名の漫画家が20の東京を描く【漫画「もしも東京」展】が、2021年8月4日(水)から9月5日(日)まで、東京都現代美術館にて開催されます。

本展覧会は、東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京が主催するTokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13のひとつとして、東京都現代美術館にて2020年夏に開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染予防・拡大防止の観点から延期されていたものです。

 

漫画「もしも東京」展 開催概要

漫画「もしも東京」展は、『ピンポン』『Sunny』の松本大洋さん、『ソラニン』『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』の浅野いにおさん、『岳 -みんなの山-』『BLUE GIANT』の石塚真一さんをはじめ、日本を代表する20名の漫画家たちが“東京”をテーマに描き下ろした20の作品を展示するアートプロジェクトです。

漫画家が制作した20点の「もしも東京」作品は、“読む東京、歩く漫画”をコンセプトに、東京都現代美術館の地下2階講堂や、中庭等、館内のパブリックスペースも含め展示されます。点在する展示作品を巡るように鑑賞する、新しいカタチの漫画展です。

 
■会期:2021年8月4日(水)~9月5日(日)

■会場:東京都現代美術館 地下2階講堂、中庭、水と石のプロムナード
◎住所:東京都江東区三好4-1-1 木場公園内

■休館日:毎週月曜日
※8月9日(祝・月)は開館、翌8月10日(火)が休館。
※東京2020大会開催期間中の月曜日は開館となり、8月30日(月)は開館。

■開館時間:10:00~18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)

■入場料:無料
※講堂内のみ事前予約制

■主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京・東京都現代美術館
■企画・運営:漫画「もしも東京」展実行委員会

★漫画「もしも東京」展 公式WEBサイト:https://mangamoshimotokyo.jp/

 
<完全無料の事前予約チケット制度を導入>

感染防止対策の観点から、本展覧会は事前予約チケット制度を導入し、過度に鑑賞者が集中しないよう、人数制限を設けながら運営します。チケットは、アート・コミュニケーションプラットフォーム「ArtSticker」にて、来場時間帯を選択のうえ予約できます。地下2階の講堂の展示は予約完了時に送られてくるQRコードを会場で確認できた方のみ鑑賞できます。詳細は下記予約サイトをご確認ください。

★事前予約サイト:https://artsticker.app/events/646
※予約可能な人数枠は、会期中に変更する場合があります。
※「ArtSticker」を用いた予約となります。アプリ「ArtSticker」をダウンロードしなくても、予約は可能です。

 

漫画「もしも東京」展の見どころ

漫画「もしも東京」展では同美術館内3つの展示を楽しめます。

 
1.地下2階講堂

松本大洋さんの『東京の青猫』、浅野いにおさんの『TP』をはじめ、18の小部屋の中の一つ一つが、漫画家の描いた「もしも東京」の世界になります。街の路地のような道を抜けて、漫画のコマのような小部屋の門をくぐると、そこには“まだ見ぬ東京”が待っています。

 
2.中庭

中庭の壁面には、石塚真一の巨大な1コマ漫画作品『Tokyo Sound』が、展示されます。100を超える東京らしさが描き込まれた作品の中に、あなたの知っている東京らしさを探してみてください。

 
3.水と石のプロムナード

水の敷かれた屋外スペースに、大童澄瞳の『East East』が展示されます。空間の奥行きや、水上という場所の特性を活かして表現された、新しいカタチの漫画展示です。

 
【描き下ろし新作漫画作品の一部イメージ】

『Tokyo Sound』より (c)石塚真一

『Tokyo Sound』より (c)石塚真一

『TP』より (c)浅野いにお

『TP』より (c)浅野いにお

『東京の青猫』より (c)松本大洋

『東京の青猫』より (c)松本大洋

『East East』より (c)大童澄瞳

『East East』より (c)大童澄瞳

※画像はすべてイメージです。企画・展示は変更になる場合があります。

 

20名の参加漫画家(50音順/敬称略) ※()内は代表作

・浅野いにお(『ソラニン』『おやすみプンプン』『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』)

・安倍夜郎(『深夜食堂』『山本耳かき店』)

・石黒正数(『それでも町は廻っている』『木曜日のフルット』『天国大魔境』)

・石塚真一(『岳 -みんなの山-』『BLUE GIANT』)

・市川春子(『虫と歌 市川春子作品集』『宝石の国』)

・岩本ナオ(『町でうわさの天狗の子』『金の国 水の国』『マロニエ王国の七人の騎士』)

・太田垣康男(『MOONLIGHT MILE』『機動戦士ガンダム サンダーボルト』『Get truth 太陽の牙ダグラム』)

・大童澄瞳(『映像研には手を出すな!』)

・奥浩哉(『GANTZ』『いぬやしき』『GIGANT』)

・小畑友紀(『僕等がいた』)

・黒田硫黄(『茄子』『セクシーボイスアンドロボ』『ころぶところがる』)

・咲坂伊緒(『ストロボ・エッジ』『アオハライド』『サクラ、サク。』)

・出水ぽすか(『約束のネバーランド』(原作:白井カイウ))

・萩尾望都(『ポーの一族』『トーマの心臓』『王妃マルゴ』)

・昌原光一(『こはぜ町ポトガラヒー ~ヒト月三百文晦日払~』)

・松井優征(『暗殺教室』『逃げ上手の若君』)

・松本大洋(『ピンポン』『Sunny』『東京ヒゴロ』)

・望月ミネタロウ(『バタアシ金魚』『ドラゴンヘッド』『ちいさこべえ』)

・山下和美(『天才 柳沢教授の生活』『不思議な少年』『ランド』)

・吉田戦車(『伝染るんです。』『ぷりぷり県』『出かけ親』)

 

「Tokyo Tokyo FESTIVAL」とは

「Tokyo Tokyo FESTIVAL」は、オリンピック・パラリンピックが開催される東京を文化の面から盛り上げるため、多彩な文化プログラムを展開し、芸術文化都市東京の魅力を伝える取組です。

 
<「Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13」について>

斬新で独創的な企画や、より多くの人々が参加できる企画を幅広く募り、Tokyo Tokyo FESTIVALの中核を彩る事業として、東京都及び公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京が実施するものです。国内外から応募のあった2,436件から選定した13の企画を「Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13」と総称し、展開しています。

★公式WEBサイト:https://ttf-koubo.jp/

 
【関連】
Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13 漫画「もしも東京」展
漫画「もしも東京」展 | ArtSticker

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です