本のページ

SINCE 1991

【第33回柴田錬三郎賞】伊坂幸太郎さん『逆ソクラテス』が受賞

第33回柴田錬三郎賞が決定!

第33回柴田錬三郎賞が決定!

集英社は、柴田錬三郎さんの業績を称えて創設された「第33回柴田錬三郎賞」の受賞作を発表しました。

 

第33回柴田錬三郎賞が決定!

第33回柴田錬三郎賞が、次の通り決定しました。
選考委員は、伊集院静さん、逢坂剛さん、桐野夏生さん、篠田節子さん、林真理子さん。

 
<第33回柴田錬三郎賞 受賞作品>

伊坂幸太郎(いさか・こうたろう)さん
『逆ソクラテス』(集英社)

 
受賞者の伊坂幸太郎さんは、1971年生まれ。千葉県出身。東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞、「死神の精度」で日本推理作家協会賞(短編部門)、2008年『ゴールデンスランバー』で本屋大賞および山本周五郎賞を受賞。

伊坂さんには、正賞として記念品が、副賞として300万円が贈られます。

 

柴田錬三郎賞について

柴田錬三郎賞は、「『眠狂四郎無頼控』をはじめ、不羈の想像力を駆使した数々の作品でひろく大衆の心をうち、ロマンの新しい地平を切り拓いた故・柴田錬三郎さんの業績を称えて」創設された文学賞です。

「現代小説、時代小説を問わず、真に広汎な読者を魅了しうる作家と作品」を顕彰。集英社と一ツ橋綜合財団が主催し、前年7月1日から、本年6月30日までに刊行された小説の中から、最優秀作を選びます。

 

逆ソクラテス
伊坂 幸太郎 (著)

敵は、先入観。
世界をひっくり返せ!

伊坂幸太郎史上、最高の読後感。
デビュー20年目の真っ向勝負!

◎逆転劇なるか!? カンニングから始まったその作戦は、クラスメイトを巻き込み、思いもよらぬ結末を迎える――「逆ソクラテス」
◎足の速さだけが正義……ではない? 運動音痴の少年は、運動会のリレー選手にくじ引きで選ばれてしまうが――「スロウではない」
◎最後のミニバス大会。五人は、あと一歩のところで、“敵”に負けてしまった。アンハッピー。でも、戦いはまだ続いているかも――「アンスポーツマンライク」

ほか、「非オプティマス」「逆ワシントン」――書き下ろしを含む、無上の短編全5編を収録。

 
【関連】
柴田錬三郎賞 | 集英社 出版四賞

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です