本のページ

SINCE 1991

竹宮惠子さん×仲谷鳰さん「マンガにおける恋愛の描き方-性の表現」 京都精華大学オープンキャンパス特別授業〔7/30〕

竹宮惠子さん×仲谷鳰さん「マンガにおける恋愛の描き方-性の表現」 京都精華大学オープンキャンパス特別授業〔7/30〕

竹宮惠子さん×仲谷鳰さん「マンガにおける恋愛の描き方-性の表現」 京都精華大学オープンキャンパス特別授業〔7/30〕

漫画家の竹宮惠子さんが学長を務める京都精華大学が、特別授業として竹宮さんと、漫画家で京都精華大学人文学部卒業の仲谷鳰さんの対談を開催します。

今回の対談では、このお二人が自身の作品をマンガ史の文脈でとらえ、マンガにおける恋愛の描き方について語ります。また、人の心を動かす表現方法やそれぞれの表現に見られる必然性にも踏み込んで解き明かします。


竹宮惠子さん『少年の名はジルベール』小学館

竹宮惠子さん『少年の名はジルベール』小学館


仲谷鳰さん『やがて君になる』KADOKAWA

仲谷鳰さん『やがて君になる』KADOKAWA



 

京都精華大学オープンキャンパス特別授業「マンガにおける恋愛の描き方-性の表現」について

 
●テーマ:「マンガにおける恋愛の描き方-性の表現」 ―『風と木の詩』竹宮惠子と『やがて君になる』仲谷鳰が語る 恋愛表現のこれまでとこれから―

●日時:2017年7月30日(日) 14:00~14:50

●会場:京都精華大学 本館3階H-302会議室 参加無料、先着順(定員140名)

※オープンキャンパス開催期間中につき、混雑が予想されます。ご留意ください。

 

出演者の紹介

 
【竹宮惠子さん(漫画家/京都精華大学学長)】

竹宮惠子さんは、つねに新しい表現を求め、タブーにも果敢に挑戦し続けてきました。代表作『風と木の詩』では、性愛を含めた少年同士の恋愛を描き、マンガ史に鮮やかな一頁を刻みました。本作は小学館漫画賞を受賞しています。

また、2014年には、マンガを通じて、マンガの新たな可能性を追求してきた功績から、「学術、芸術上の発明、改良、創作に関して事績の著しい者」に対して授与される紫綬褒章を受章しています。

 
【仲谷鳰さん(漫画家/京都精華大学人文学部卒)】

仲谷鳰さんは、『さよならオルタ』で株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス主催の第21回電撃コミック大賞金賞を受賞、同作で商業誌デビューしました。

現在『月刊コミック電撃大王』で連載中の『やがて君になる』は、少年誌で王道のガールズラブストーリーを展開、既刊4巻で累計40万部を突破、人気コミック無料サイト「ComicWalker」の百合マンガランキングで第一位を獲得するなど圧倒的な支持を得ています。

 
【関連】
竹宮惠子×仲谷鳰対談 「マンガにおける恋愛の描き方-性の表現」開催のお知らせ ―『風と木の詩』竹宮惠子と『やがて君になる』仲谷鳰が語る恋愛表現のこれまでとこれから― | 京都精華大学

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です